クラウドベースのNFCモバイル決済技術を提供するBell IDの取り組みとは?

2015年6月22日7:3o

クラウドベースのNFCモバイル決済技術を提供するBell IDの取り組みとは?
世界各国でプロジェクトが進行し、日本への展開も視野に

Googleは2013年10月から、「Android4.4(KitKat)」に「Host Card Emulation(HCE)」を採用した。HCEは、ソフトウェアのみを使用してモバイルデバイス上の支払いカードを行う技術であり、これにより銀行(イシュア)はクラウド上でクレジットカード等の処理を行うことが可能だ。オランダのBell IDは、世界中でHCEやトークナイゼーションに対応したサービスを提供しており、日本への進出も視野に入れているそうだ。同社 アカウント・マネージャー William Belle氏に話を聞いた。

オーストラリアではANZが採用

――現在、世界におけるモバイル決済およびトークナイゼーションのプロジェクトはどの程度ありますか。
William Belle:世界的にすべて30のプロジェクトを展開しています。たとえば、SIMベースのモバイル決済の場合、銀行はSIMカード等にアクセスするためにモバイル・ネットワーク・オペレーター(MNO)(キャリア)を通さなければなりませんでしたが、その契約は不要となります。たとえば、オーストラリアの銀行の多くがHCEベースの決済サービスを提供する予定です。また、日本でも今後は同様の流れがあると伺っています。

Bell IDのモバイルウォレット
Bell IDのモバイルウォレット

――ホストカードエミュレーションおよびモバイル決済サービスの採用状況についてお聞かせください。
William Belle:現在、大きなプロジェクトがあり、オーストラリアとニュージーランドで大きな銀行となるANZ(オーストラリア・ニュージーランド銀行)では6~7月、もう1つは米国ベースの企業となり、8月からサービスを提供します。米国の企業はeコマースの大手となります。
また、大手で弊社のモバイルサービスを採用している企業であれば、カナダのトップの銀行、また米国のモバイルサービスと国際ブランドが挙げられます。

HCEとトークナイゼーション技術の融合も進む

――オーストラリアにおけるHCEの採用は、どの程度進んでいますでしょうか。また、日本での展開はいかがでしょうか?
William Belle:Bell IDが提供するモバイルウォレットは、決済に利用できることはもちろん、追加のカードも発行可能です。また、カードの写真を撮影して登録できます。オーストラリアは非接触市場として大きく、全取引の60~70%は非接触です。また、弊社としては日本に参入も考えています。

非接触決済は、市場として徐々に立ち上がっています。主要な市場としては、オーストラリア、米国、カナダに加え、アジアの日本、中国、台湾などが挙げられます。

アカウント・マネージャー William Belle氏
アカウント・マネージャー William Belle氏

――HCEとトークナイゼーションの融合はどの程度進んでいますか?
William Belle:トークナイゼーションは、モバイル決済サービスとして、新しく大きな動きだと思います。ANZの場合、HCE技術を利用されていますが、トークナイゼーションをeコマースやモバイルコマース、ロイヤリティプログラム、POSに使うことができます。トークナイゼーションにより銀行が安全に、広範囲なサービスを提供可能です。また、セキュリティ面にも優れています。

※取材は2015年5月20、21日開催の「Cards & Payments Australia 2015」のBell IDのブースにて

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

PayBWeChatPayのスマートフォン決済、信頼性の高い収納代行、送金など、様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP