静岡銀行が「ブランドプリペイドカード事業」へ参入、まずは遠州鉄道と提携

2015年9月28日20:40

静岡銀行は、決済手段の多様化とキャッシュレス化へ対応するため、グループ会社である静銀セゾンカードを通じて、新たにプリペイドカード事業に参入すると発表した。

日本国内の小売市場では、未だ現金決済が大勢を占めているが、近年クレジットカードを中心としたキャッシュレス取引が徐々にその比率を拡大しており、静岡銀行グループで発行するクレジットカードの発行枚数も約 77 万枚に達している。一方、大手小売業者や鉄道会社による電子マネーも急速に普及しており、第 12 次中期経営計画の基本戦略に掲げる「新たな事業領域・収益機会への挑戦」の一環として、多様化する決済手段に対応する必要があると判断し、同事業への参入を決定したそうだ。

具体的には、国内の多数の店舗で利用可能なVisaブランドを付した「ブランドプリペイドカード」の発行により差別化を図るとともに、静岡県内の小売業との提携を主体としたカードを発行することで、地域経済の活性化、地方創生に貢献していく方針であるという。

第一弾として、遠州鉄道と提携し、従来の「えんてつカード(ポイント専用)」にプリペイド機能(名称「EPiCA(エピカ)」)を提供する。

新しいカードは、2016年1月より遠鉄グループ各社・各拠点で会員募集を開始する。募集については、今秋出店予定の遠鉄ストア豊川店で2015年10月から先行して行うそうだ。

同提携を皮切りに、県内の他小売業者等への展開を図る方針だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

PayBWeChatPayのスマートフォン決済、信頼性の高い収納代行、送金など、様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP