PA-DSSに代わる決済向けソフトウェアセキュリティ基準を公表(PCI SSC)

2019年1月24日16:00

PCIセキュリティスタンダードカウンシル(PCI SSC)は、このほど最新の決済ソフトウエアのセキュアデザインと開発のための新要件について公表した。

PCIセキュアソフトウエア基準とPCIセキュアライフサイクル(セキュアSLC)基準は、新たなPCIソフトウエアセキュリティフレームワークを構成するもので、同フレームワークはソフトウエアベンダーおよびそのソフトウエア製品のバリデーションプログラムと、評価者向けの資格認定プログラムを含むという。これらのプログラムは2019年内に開始する予定だ。

各PCIソフトウエアセキュリティ基準は従来の決済ソフトウエア向けペイメントアプリケーションデータセキュリティ基準(PA-DSS)の対象範囲を超えて、①PCIセキュアソフトウエア基準では、決済ソフトウエアが決済取引/データの完全性および機密性を適切・確実に保護できるようにするためのセキュリティ要件と評価手続きについて、全体像を示している、②PCIセキュアSLC基準では、ソフトウエアベンダーがソフトウエアの全体的ライフサイクルを通じて決済ソフトウエアのセキュリティを適切に管理している状況を立証するためのセキュリティ要件と評価手続きについて、全体像を示している――といったように、最新の決済ソフトウエアを対象にソフトウエアセキュリティの全体的な弾力性の問題に対処できるようにする。

これらの基準はPA-DSSに取って代わるものであり、PA-DSSが2022年に終了すると有効になる。それまでの間は、PA-DSSに投資を行った組織のために段階的移行期間となる。

各PCIソフトウエアセキュリティ基準は決済カード業界関係者で構成される専門タスクフォースの意見を取り入れて開発。PCI SSCの参加組織と評価者も策定プロセスの間、複数回のコメント募集(RFC)期間を通じて、基準を評価し、基準についての意見を提出した。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

指紋認証付クレジットカードやログイン時の本人確認など生体認証技術を使用するコンポーネントの機能、パフォーマンス、セキュリティー試験をお引き受けします。(FIME JAPAN)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP