2021年7月9日8:20

FIME JAPANが決済関係の技術を解説する本コーナー。今回は、PCI SSCが策定しているセキュリティ基準「PCI-PTS」の必要性と認証クラス(Non-PEDとSCR)について紹介してもらった。

記事のポイント!
①さまざまな加盟店でPCI-PTS認証端末が使用される
②PCI-PTSは国際ブランドが求めているが一部例外が存在
③暗証番号を入力しない端末もPCI-PTSを取得可能
④Approval Classとは?
⑤Non-PEDとは?
⑥Secure Card Readerとは?
⑦Approval Classも検討した上で要不要を判断へ

現在、キャッシュレス環境強化の流れに従いさまざまな加盟店でPCI-PTS認証端末が使われている。PCI-PTS認証は基本的に国際ブランドが必要としている。これはブランド認定時にPCI-PTS認証番号を確認することに起因している。その他のケースでは、“クレジットカード・セキュリティガイドライン【2.0 版】 ”(クレジット取引セキュリティ対策協議会)にて、PCI-P2PEが求められるケースが存在する。このケースは、内回り通信方式という加盟店内部ネットワークを通じて決済を実施するケースに適用されるものである。内回り方式の場合について、必ずPCI-P2PEが必要である訳ではないが、PCI-P2PEを取得するのであれば端末は必ずPCI-PTS認証端末が必要となる。加えて、SRED(Secure Reading and Exchange of Data)というクレジットカードデータを保護するためのオプションを認定対象にする必要がある。

PCI-PTS認証は基本的には国際ブランドが求めているものとなっているが、一部例外が存在する。この例外とはPIN(暗証番号)を入力しない端末についてである。この場合、条件によってはPCI-PTS認証番号を確認せずにブランド試験を実施することが可能である。PCI-PTS認証の要不要の最終判断は端末設置をするカード会社が国際ブランドと意思統一した上で判断されるものであり、場合によってはPCI-PTS認証が必要と判断されることもある。

PCI-PTSは広く認知されている通り、非常に強いセキュリティ基準である。例えば端末が開封された時に内部に保存されている暗号鍵や暗証番号等を、瞬時に消去することが定められていたり、ラボと呼ばれるPCIが認証した組織が実際に攻撃する等で基準を満たしていることが確認される。

暗証番号を入力しない端末についてもPCI-PTSを取得することが可能である。国内での例は多くないが、それがPCI-PTSにおける認証クラス(Approval Class)のNon-PED(Non PIN Entry Device)とSCR(Secure Card Reader)である。今回はこの2つを解説する。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP