ペイパルやVisaとの提携で加盟店が大幅拡大、Paidyがパートナー戦略を強化する理由とは?

2021年8月23日8:00

Paidyがパートナー戦略を強化している。2021年4月に「どこでもペイディ」第一弾としてペイパル(PayPal)と連携したのに続き、7月にはペイディアプリのリニューアルにともないVisaのオンライン加盟店でペイディが使えるようになった。Apple専用のあと払いプランの提供も開始している。数々の施策の先に同社が見据えているものは――? Paidy 副社長執行役員 橋本知周氏に話を聞いた。

記事のポイント!
①パートナー戦略で使える店舗が急拡大
②Tマネーで実店舗開拓、「どこでもペイディ」でペイパルと連携
③Visaのオンライン加盟店で利用可能に
④「あと払いプランApple専用」提供、「プレミアムパートナー」「ペイディマイスター」制度創設
⑤3つの市場の開拓からスタート
⑥ブランド力の高い店舗への導入、新市場も開拓へ
⑦多様な企業との戦略的アライアンスを締結
⑧20兆円市場にリーチ

「どこでもペイディ」の提供を開始
第一弾のパートナーはペイパル

「お買いものに『めんどくさい』はいらない。」をミッションに掲げ、「翌月あと払い」「3回あと払い」などのサービスを提供する「ペイディ」のユーザーアカウント数は600万を超えた。加盟店はAmazon、Qoo10をはじめ約70万店舗だが、パートナー戦略によって使える店舗が急拡大している。

遡れば2020年8月、Paidyはカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのTマネーと提携。7,000万人が使える電子マネー「Tマネー」のチャージ方法として「翌月あと払い」が導入され、現金チャージ、クレジットチャージ、Tポイントチャージに加えて「ペイディ」によるチャージが可能に。Paidyにとってはサービス提供開始以来初めて、「翌月あと払い」が実店舗での買い物にも利用可能になった。

その後2021年4月、Paidyでは、デジタルウォレットなどの支払い方法として「ペイディ」を登録できる新機能「どこでもペイディ」の提供を開始。この第一弾としてペイパルと連携し、世界3,100万のペイパル加盟店での利用が可能になった。「どこでもペイディ」は、通常の「ペイディ」が要求している携帯電話番号とメールアドレスの入力に加えて、運転免許証もしくはマイナンバーカードによる本人確認を行うことによってより多くの機能を提供する「ペイディプラス」のメニューの1つ。ペイパルとの提携では、海外のペイパル加盟店に加え、国内で「ペイディ」が利用できなかったデジタル商材などの利用を後押しした。同社は今後さまざまなパートナーと組んで「どこでもペイディ」を展開していく予定だ。

世界のVisaのオンライン加盟店で利用可能に
「プレミアムパートナー」「ペイディマイスター」制度創設

また2021年7月にはペイディアプリをリニューアルし、アプリ内で店舗や商品の検索から支払いまでを完結できるようにした。同時にVisaのオンライン加盟店で「ペイディ」が利用できるようになった。Visaとの提携はキャンペーンを打っていないが、同社の想定以上の利用につながっているとした。

アイテムの発見から支払いまでアプリ内で完結

さらには、Apple StoreおよびAppleのウェブサイトで利用できる「あと払いプランApple専用」の提供を開始。こちらは、提供後の反響が大きいそうだ。また、能動的に「ペイディ」の魅力を伝え、導入を後押しするエバンジェリストを組織する「プレミアムパートナー」「ペイディマイスター」制度を設けるなど、多様なパートナー戦略を推進している。

当初のターゲットは大きく3つ
高額の旅行や家電などの新市場も開拓へ

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP