Tマネー、iDと連携して「かざして支払い」の拡大を加速 経済圏が広がり、若年層の利用増につながる

2021年12月6日8:00

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のグループ会社で、電子マネー事業などを手掛けるTマネー(東京都渋谷区)は、7000万人が使える電子マネー「Tマネー」において、スマートフォンを使って非接触で支払いができる「Tマネーかざして支払い」の利用拡大を加速している。NTTドコモが運営する電子決済プラットフォーム「iD(アイディ)」と連携したことで、利用シーンと顧客層を一気に拡大した。また、「Mastercardコンタクトレス」の利用も可能だ。今後も、積極的なキャンペーンを展開し、新たなユーザーの獲得を急ぐ。

Tマネー Tマネー事業部 部長補佐の進藤 啓哉氏

記事のポイント!
①Tポイントのアライアンス先で使える電子マネー
②iDとの提携で利用店舗数・拠点数は150万か所以上に
③モバイルシフトでApple Pay、Android対応
④Tマネーの新たな登録獲得につながる
⑤外部にも経済圏が開かれる
⑥チャージ方法は「Paidy」を使う若者も多い
⑦今後の利便性向上に向けた構想は?
⑧キャンペーンの実施等で支払いの利便性を訴求

利用店舗・拠点数は150万か所へと一気に拡大
Tマネーの利用拡大に手ごたえを感じる

2014年に始まったTマネーは、Tポイントのアライアンス先で使えるサービスで、これまではTポイントのヘビーユーザーを中心に利用されていた。モバイル化を進めた「Tマネーかざして支払い」は、iPhone、Apple WatchおよびAndroidスマートフォンを使って、非接触で「Tマネー」で支払いができるサービスだ。Tマネー Tマネー事業部 部長補佐の進藤 啓哉氏は「Tマネーかざして支払いは、iDとの提携で利用店舗数・拠点数は150万か所以上になり、(利用増について)手ごたえを感じています」と話す。

iDが使える店舗でTマネー決済が可能に。「Mastercardコンタクトレス」の端末やインターネットサイトでも使える。Mastercardインターネット加盟店での利用も想定より多いとのこと(Tマネー)

「iD」の端末が店頭に設置されている150万か所には、全国のスーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストア、ショッピングモール、レストラン、家電量販店など幅広い利用シーンがある。さらに、「Mastercardコンタクトレス」が設置された店舗で利用できるほか、Mastercardが使えるインターネットサイトでも利用できる。

Tマネーユーザーはカードタイプを使っているケースが多く、「店頭で現金で支払う」傾向が強かったという。CCCがモバイルシフトを鮮明に打ち出し、それに対応する形で始まったTマネーかざして支払いは、「Tマネーが使えるシーンを限定されたものから、まずは使える店舗を幅広くすることが欠かせないと感じ、iDとの提携を選択しました」(進藤氏)という。

Tマネーかざして支払い」を利用すると、利用金額の最大40%をTポイントでプレゼントするキャンペーンを2021年12月1日~2022年1月31日まで開催している

iPhone、Androidなどモバイルシフトを加速
Tポイントが貯まるサービスが強みに

Tマネーのモバイルシフトについては、2021年4月から、まず「Apple Pay」への対応を開始した。「Tポイントアプリ」上で「Tマネー」を「Apple Pay」に設定すると、iPhoneやApple Watchを使って、さまざまな店舗に設置された「iD」の端末や「Mastercardコンタクトレス」の端末で支払いができるほか、Tポイントも貯まるようになる。

続いて、5月末から、「iD」をAndroidスマートフォン向けにも対応開始した。Androidスマートフォンの利用者は、「Tポイントアプリ」上から「おサイフケータイ」に設定し、「iD」の端末にスマートフォンをかざすと、非接触で「Tマネー」での支払いができる。またMastercardが使えるインターネットサイトでも「Tマネー」での支払いが可能となる。「Tマネー」での支払いの場合、金額に応じてTポイントが貯まる。

iPhoneでもAndroidでも、Tマネーでの支払いに伴い貯まったTポイントは全国のTポイント提携先の店舗やサービスにて1ポイントから利用できるほか、「Tマネー」へのチャージにも利用することができる。かざして支払いを含むTマネーで買い物をした月間の合計金額に対し、500円あたり1ポイントが付与される。

Tマネー経済圏の外でも活用、手数料収入も期待
翌月払いの「Paidy」も若い世代に好評

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP