三井物産とKDDIが都市DXを推進するGEOTRA設立、⾼粒度人流データでスマートシティに貢献へ

2022年6月28日20:00

三井物産とKDDIは、2022年6月9日に記者説明会を開催し、都市DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するGEOTRA (ジオトラ)を設立したと発表した。GEOTRAの出資比率は三井物産が51%、KDDIが49%となる。両社では、スマートシティ分野に加え、モビリティ、エネルギー、インフラ、エンターテインメント、ヘルスケアなどの領域におけるさらなる協業深化を目指すという。

左から三井物産 代表取締役副社長執行役員 米谷 佳夫氏、GEOTRA 代表取締役社長 陣内寛大氏、代表取締役副社長 鈴木宙顕氏、KDDI 取締役 執行役員 専務 ソリューション事業本部長 森 敬一氏

両社で「次世代型都市シミュレーター」開発
未来の街づくりを進める

三井物産には16の事業本部があり、エネルギーソリューション分野はヘルスケア・ニュートリション、マーケット・アジアに並んでフォーカスの1つとなる。エネルギーソリューション分野では、次世代燃料などに加えて、デジタルの力で豊かな暮らしに貢献するスマートシティ分野に力を入れており、新たな収益の柱を確立させたい考えだ。

KDDIでは、ビジネス分野でのDXを加速させ、ビジネスの創造をサポートするプラットフォームの提供を目指している。通信に加え、ID・認証、課金・請求、決済、位置情報、データ分析などができるプラットフォームを提供し、各業界の成長に貢献していきたいとしている。

auの強みとして、10メートル単位での細かな位置情報を15分ごとの頻度のデータで取得可能な点を挙げた。すでに位置情報は300自治体で利用されており、活用できる使い道を増やしている。三井物産のインフラ事業の知見、グローバルな事業展開力、KDDIの位置情報のビッグデータ、ネットワーク・クラウド等の通信インフラ、システム開発・構築・運用を掛け合わせて事業を進めていく方針だ。スマートシティの展開、新型コロナウィルスからの経済回復、公共インフラの維持など、データ可視化において、同様の認識を持ちながら展開していく。

KDDIと三井物産では、2021年に位置情報とAI(人工知能)で都市計画を支援する「次世代型都市シミュレーター」を開発し、発表している。同シュミレーターでは、人流のシミュレーションを行うことができ、建設、交通機関、店舗出店、広告、物流の効率化などで活用可能だ。技術面の検証を経て、ニーズを確認できたことで、このほど事業会社としてGEOTRAを設立した。

GEOTRAでは、都市の人流を可視化し、コンサルティングを提供しながら、都市開発にかかわる事業者の意思決定を高度化することを目指す。KDDIの技術力、三井物産の総合力、グローバルネットワークを掛け合わせ、さまざまな分野での可能性を見出していきたいとした。都市のDXとして、これに加え、モビリティ分野を含め、複数の案件で協議を進めている。

地理空間分析プラットフォームをワンストップで提供
生活者1人1人の導線が把握可能に

GEOTRAは「GEOTRAアクティビティデータ」「Webダッシュボード」「アナリティクスリソース」の3つのサービスで構成される地理空間分析プラットフォームをワンストップで提供する。人の動きは、交通だけではなく、空間上のハブとなる基礎的な情報から分析自由度の高いデータを提供することが諸課題になる。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP