食品飲料卸・飲食サービス業における企業間決済調査(アメリカン・エキスプレス)

2023年7月3日7:30

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.は、2023年6月30日、食品飲料卸・飲食サービス業における経理業務の実態と課題を明らかにすることを目的とした「食品飲料卸・飲食サービス業における企業間決済調査」を発表した。今回の調査は、食品飲料卸・飲食サービス業における経理業務とBtoB決済について、経営者層及び経理業務に関わる担当者300人以上を対象に実施している。

キャッシュレス化が加速する中、その利便性は企業間決済にも波及してきている。日本クレジットカード協会によると、社員の経費や購買などに用いられる法人カードの発行枚数は、過去8年で約1.8倍に成長しており、継続的な伸びを見せている。また、国内でキャッシュレス化を推進する取り組みの一環として、経済産業省は2025年までに法人カードの取扱高を2021年対比で5割増にする等、具体的な目標を掲げている。

コロナ禍を経て、経済回復を目指す飲食業界においては、個人事業主を含む中小企業が約99%を占めると言われている。インバウンド観光客の急増も伴い、街が活気を取り戻す中、今回の調査では、今後さらなる事業成長を目指す飲食業界を対象に、経理業務での課題や今後の改善意向について明らかにしている。

同調査結果として、取引先への支払い/請求に利用している決済方法を見てみると、いずれも銀行振込が7割以上(支払い:85.8%、請求:77.3%)となり、もっとも多く利用されていることが明らかとなった。さらに、現金、口座振替、クレジットカードと続き、さまざまな支払い方法が利用されていることが分かる。クレジットカード利用については、日々の購買などの支払い利用で約4割(39.5%)、卸業者などの請求利用で約2割(22.7%)と、支払い利用での浸透が進んでいる様子が明らかとなった。

今後、効率化したい決済方法としては、銀行振込(51.5%)、現金(43.0%)が多く挙げられた。効率化を求める理由として「ミスを減らしたいから」、「面倒だから」が共通で挙げられ、手作業や個別の処理が発生する決済方法が負担になっている実態が明らかとなった。銀行振込に関しては、「別の業務に専念できるようになるから」も上位の理由として挙げられ、経理業務での負担を軽減して、事業の拡大に注力したいという意向も明らかとなっている。

決済方法1位は“銀行振込”(アメリカン・エキスプレス)

決済方法別に利用している理由を聞いてみると、「いつもこの方法だから」、「取引先にこの決済方法を求められるから」といった、これまでの慣習や取引先の指定によって選択されていることがわかった。

今後のクレジットカードの利用意欲としては、購買や仕入れなどの支払い利用が61.5%、卸業者などが受け入れる請求利用が55.7%と過半数を占め、飲食業界全体を通じてクレジットカードの利用に意欲的な傾向が見られた。クレジットカードのメリットを聞いてみると、請求と支払いの両面で効率化や振り込み手数料の軽減といった回答が多く寄せられている。

すでにクレジットカードの支払い利用を進めている企業では、それ以外の決済方法と比べ「セキュリティが向上する」(22.1%)、「経費の計上漏れを防げる」(24.6%)、「ポイントが貯まる」(32.0%)といった面でのメリットを感じており、利便性や安全性、正確性も評価される結果となった。

請求時においては、クレジットカード以外の決済利用者と比較して「効率化される」(41.4%)、「支払い遅延のリスクを軽減できる」(35.7%)、「ガバナンスの強化につながる」(27.1%)といった点が多く挙げられ、生産性からキャッシュフロー管理まで、幅広いメリットが感じられている。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP