電子マネーに対応したモバイル型決済端末を全国のauショップへ導入(KFS/三菱UFJニコス)

2016年10月25日21:30

KDDI、KDDIフィナンシャルサービス(KFS)、三菱UFJニコスは、2016年10月25日より、au直営店7店舗(au SAPPORO、au SHINJUKU、au みなとみらい、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA、au HAKATA)にクレジットカードや電子マネーに対応可能なモバイル型決済端末「BluePad-50」を導入すると発表した。2016年11月中には、全国約2,500店舗のauショップにも順次展開予定だ。

モバイル型決済端末「BluePad-50」概要
モバイル型決済端末「BluePad-50」概要

同決済端末は、可搬性の高さと、IC対応(接触/非接触)が主な特長であるという。まずは、クレジットカード(Visa/Mastercard/JCB)と電子マネー(QUICPay)、銀聯カードに対応し、今後、交通系電子マネーなどにも順次対応予定だ。

同決済端末は三菱UFJニコスとJR東日本メカトロニクスが提供するクラウド型マルチ決済システム「J-Mups」に接続しており、端末導入後も機能拡充が可能だ。

auショップへの同決済端末導入により、モバイルを活用した決済に対応可能となるほか、アクセサリなどの購入やau WALLET Marketでの買い物(店頭支払い)の際、カウンターに立ち寄ることなく店内で決済できるため、利用者の待ち時間の短縮につながるそうだ。また、利用者からクレジットカードなどをスタッフが預かる必要がなく、目の前で決済が完了する。

なお、KFSは、au直営店、各auショップでの本決済端末取り扱いの窓口となるほか、三菱UFJニコスは、「J-Mupsセンター」を通じて店舗でのカード売上の精算業務などを実施する。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP