Wirex、仮想通貨をVisaネットワークで利用できる決済サービスを提供

2018年12月26日8:30

Wirex Limitedは、2015年設立の英国のスタートアップであり、アプリ上からビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)をさまざまな通貨に交換できるサービスを提供している。日本にもオフィスを設けており、重要なマーケットと位置づけているそうだ。

右がWirex Limited Founder Dmitry Lazarichev(ドミトリー・ラザリチェフ)氏、左がワイレックス・ジャパン 営業部長 Kevin Newman(ケビン・ニューマン)氏

SBIHから300万ドルの出資を受ける
日本は重要なマーケットと期待

Wirexは、仮想通貨を世界中のVisaネットワークで利用できる決済サービスを展開している。仮想通貨を米ドルやユーロ、英ポンド、日本円などに交換し、Visaが付いた「Wirexカード」により、世界中の加盟店やATM等で利用可能だ。

Wirex Limited Founder Dmitry Lazarichev(ドミトリー・ラザリチェフ)氏は、「英国では、英国金融庁(Financial Conduct Authority)により認可されていますが、シンガポールや日本では現在申請中となっています。現在は、全世界で180万人の利用者がおり、毎日2,000人ほど増加しています」と説明する。今年は月約120億ポンドの収入があるという。現在、オフィスは6箇所に設けており、約200人の職員がいる。

ワイレックス・ジャパン 営業部長 Kevin Newman(ケビン・ニューマン)氏は、「日本では、FinSum(金融庁/日本経済新聞社)のピッチコンテストで受賞したことで、日本のSBIホールディングスから300万ドル(約3億3,600万円)ほど出資していただきました。日本には4万人のお客様がいますので、東京オフィスは重要です。金融庁からも来年の初旬には認可が下りると期待しています」と話す。

PCI DSS準拠などデータセキュリティ強化に取り組む
米国、日本、シンガポールをベースにASEAN諸国に展開へ

なお、WirexではPCI DSS Level1に準拠しており、サービスの開始当初からデータセキュリティを重視してきた。これまで、データハッキングはなく、仮想通貨サービスを提供する立場として、インフラ面の整備は強化している。

今後は、そのインフラや機能を活かし、「欧州に加え、米国、日本、シンガポールをベースにASEAN諸国に展開していきます」とDmitry Lazarichev氏は意気込む。現在は180万人の利用者を将来的に1,000万人に増やしていきたいとした。

※取材は「Singapore Fintech Festival2018」のWirex Limitedブースにて。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

指紋認証付クレジットカードやログイン時の本人確認など生体認証技術を使用するコンポーネントの機能、パフォーマンス、セキュリティー試験をお引き受けします。(FIME JAPAN)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP