電子通貨「フェアトレードコイン」を提供へ(サスティナブル・ストーリー)

2020年6月30日19:37

サスティナブル・ストーリーは、2020年7月1日から、電子通貨「フェアトレードコイン」を提供すると発表した。

アプリ画面イメージ(サスティナブル・ストーリー)

フェアトレードコインは、フェアトレードやエシカルをテーマにした商品やショップ/セミナーやイベントなどの体験を通じ「地域や世界とのあたらしい物語(ストーリー)が生まれる」ことを目的にした電子通貨であるという。

ショッピング時にフェアトレードコインで決済をすることにより、ユーザーとの間でコミュニティ(ファンクラブ)が形成される。フェアトレードをきっかけとした購買や体験を通じ、エシカルな人々やお店/生産者や世界との新しい繫がりや体験が生まれるとしている。

また、企業活動や消費にエシカル(倫理的)な行動が求められる中、SDGsやCSR、地球環境問題や市民消費社会に向けた取り組みに参加することができるそうだ。

プラットフォームは、eumoが提供する電子通貨「eumoコイン」を利用し、地域やフェアトレードの領域で活動する諸団体との連携によって、ショップやメーカー、地域や世界の生産者の方との繫がりをつくっていくとした。

決済はスマートフォンによるQRコード決済で、店頭の端末またはネットでの決済が可能だ。また店舗の加盟に際しては、実質負担金は0円(端末の保証金のみ)で、決済手数料についても実質0円(ただし、振込手数料のみ負担)となるという。

なお、eumo社によるクラウドファンディングが6月30日まで行われており、支援者650人で支援総額800万円を超えている(6月25日現在)。

7月1日のスタート時は、中部・東海圏のフェアトレードタウン活動を行う3都市(日本で2番目のフェアトレードタウンとして認定を受け、SDGs未来都市でもある愛知県名古屋市、2019年に認定された三重県いなべ市、認定に向けた活動を推進中の岐阜県垂井町)を中心に、関西および東京の15店舗でスタートし、今年度末までに100店舗を予定している。

なお、同事業で得られる収益の一部を、フェアトレードやエシカルの普及、フェアトレードタウンの推進、教育、NGO等への寄付などに使うことを予定している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP