PayPayの2020年度の決済取扱高は3.2兆円、SBPSは4兆円に(ソフトバンク決算発表)

2021年5月14日9:53

ソフトバンクは、2021年5月11日に決算説明会を行った。当日は、ソフトバンク 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮川 潤一氏が登壇。キャッシュレス決済「PayPay」の2020年度の決済取扱高は3.2兆円であると公表。また、子会社等335社の中で年々成長が続く決済代行事業者のSBペイメントサービス(SBPS)を紹介した。

第2のPayPayを育成したいとソフトバンク 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮川 潤一氏は説明

ヤフーはコマース物販領域で2020年代前半に国内№1を目指す
技術力有するNAVERAと事業戦略検討を開始

ソフトバンクの2020年度の決算は、売上高は前年比+3,443億円の5兆2,055億円、営業利益は+590億円の9,708億円、純利益は+182億円の4,913億円となった。ヤフー(Yahoo!JAPAN)、流通、法人、コンシューマの全セグメントで増収となった。

2021年度の予想売上高は5.5兆円、予想営業利益は9,750億円、予想純利益は5,000億円としている。

Zホールディングは、eコマース国内№1を悲願としているが、現在は国内第三位となっている。探しやすさの改善や配送品質の向上などに取り組むことに加え、LINEとの協業、PayPayとの連携強化、ソフトバンクの顧客基盤活用などにより、さらなる成長機会をつかみたいとした。また、ソフトバンクユーザー3,800万、LINEユーザー8,800万、PayPayユーザー3,900 万、Yahoo!JAPANユーザー8,000万を有しており、そこからYahoo!ショッピング、ヤフオク!、PayPayモール、PayPayフリマなどへ送客することで、グループの連合体でコマース物販領域を2020年代前半に国内№1にしていきたいとした。

さらに、新生ZホールディングスはLINEが傘下入りし NAVERと関係を強化している。NAVERは韓国最大級テクノロジープラットフォームで、韓国で時価総額No.4、検索シェアNo.1だ。モバイル日次アクティブユーザー数3,000万人と圧倒的な顧客基盤を誇る。韓国の人口は5,100万人だが、他国のユーザーも含めて登録ユーザー5,400万人を有する。NAVERは各領域で優れた技術力を有しているが、宮内氏は「自動運転やロボットのテクノロジーが興味がある」とした。すでにシナジー創出に向けて、事業戦略検討委員会を立ち上げ検討を開始している。

 

PayPay社は2022年度以降連結子会社化へ
二桁成長のSBPSは次期IPO候補?

PayPayは、スーパーアプリとして成長している。2020年度は20億回の決済、加盟店は316万となっている。今回の決算発表では、決済取扱高(GMV)が3.2兆円を突破し、前年比2.6倍の成長となったことも公表された。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP