2021年7月26日8:30

最近の決済サービス市場と変化、完全電子化が可能になったクレジットカード取引と課題、特定商取引法の改正とEC通販加盟店調査の必要性、複数の決済手段が関連する決済サービスと現在の課題について、法務分野のスペシャリスト吉元氏が解説!

コロナ禍で、三密や接触を避ける日常の行動から、EC通販の利用が拡大する中、非接触式のキャッシュレス決済手段が多用されるようになり、割賦販売法でも書面交付原則から電子交付原則に変わった。その一方で誤認を招く表示や取引条件で勧誘するEC通販に取消権が導入されるなど、特定商取引法が改正された。また、個人情報保護法の改正により、個人の利用履歴や行動履歴等の情報の利用や国外の第三者への情報提供に、より丁寧な説明による同意取得が必要となり、取引完了後には個人情報の利用停止等の請求に対応する必要になっている。

このように、拡大を続ける決済サービスの周辺では、新たな法規制と規制緩和が並行しており、ビジネスの新たな制約がある一方で、新たなビジネスチャンスでもある。そこで、決済サービスの法規制の現状と課題・問題点を指摘するとともに、解決の方向性を示すセミナーとしたい。

■講師 現代ビジネス法研究所 代表 吉元 利行氏 博士(法学)

略歴:山本国際コンサルタンツ合同会社パートナー  ㈱ジンテック シニアアドバイザー 九州大学 博士(法学)。中央大学比較法研究所嘱託研究員。クレジットカード会社法務部門に30年勤務し、執行役員法務部長などを歴任。クレジット会社系シンクタンクにて専務執行役員・主席研究員を経て現職。著書に「判例に学ぶ決済サービスの法務と実務」(出版社:きんざい)。

1.最近の決済サービス市場と変化
(1)最近の決済サービスをめぐる変化
 ①最近の決済サービスの動向
 ②決済サービス関連の法改正の概要
(2)最近のマーケットの概要
(3)決済サービスの今後の注目点

2.完全電子化が可能になったクレジットカード取引と課題
(1)電子(書面)交付と課題
(2)利用者支払可能見込額調査への取り組み
 ①利用者支払可能見込額調査とは(支可調との違い)
 ②利用者支払可能見込額調査の課題
 ③新しい審査モデルの試行と課題
(3)電子催告と期限の利益喪失と特例法の活用

3.特定商取引法の改正とEC通販加盟店調査の必要性
(1)EC通販に対する新たな規制
(2)取引条件等の不表示、不実表示、誤認表示による取消
(3)加盟店調査の課題

4.複数の決済手段が関連する決済サービスと現在の課題
(1)複数の決済手段が関連する決済サービスとは
(2)無権限利用が発生したときの責任の責任
(3)商品等の問題が起きたときの責任の所在
(4)顧客苦情の防止策
※セミナーの内容は予告なく変更となる場合がございます。

■開催概要
●主催:TIプランニング
●2021年9月22日15時~17時の開催
オンラインでの受講(ライブ配信、アーカイブ配信含む)
2021年9月22日のオンラインリアルタイム配信に加え、9月27日(予定)以降のオンラインでの配信を予定しております。オンラインをお申込みいただいた方は受講後も27日から閲覧が可能です。オンライン受講の場合、印刷物の配布はございません。なお、オンラインでのリアルタイム配信の場合、音声が聞き取りづらい、配信が途切れるといったことが発生する可能性がございます。その場合は、27日以降のアーカイブ配信で再度ご確認いただければ幸いです。なお、アーカイブ配信の公開は、2週間を予定しております。
●参加者の価格:9,900円(税込、※税抜9,000円)
※消費税は10%となります。
★お申し込みの際は「決済サービスの法規制の現状と解決の方向性」とご記載ください。

本セミナーにお申し込みをされる皆様は、下記の「お申し込みページ」ボタンより、お申し込みをお願いします。本セミナーはオンライン受講となります。

お申込みいただいた方には、弊社担当者より、メールにて当日のご案内、オンライン受講の場合は閲覧ページのURL、ならびにパスワードをお送りさせていただきます。同一の会社で複数名の閲覧をご希望される場合、それぞれ個別にお申し込みいただければ幸いです。恐れ入りますがよろしくお願い申し上げます。

「Paymentnavi Dream Memer2021」の皆様は専用フォームをご案内します。

※クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners)および銀行振り込みが可能です。
※銀行振り込みでお申し込みの場合、当社からご請求書を発送させていただきます。クレジットカードでお申し込みの場合、弊社からお申し込みフォームを後ほどお送りさせていただきます。セミナー開催日までのお振込みをお願いします。お振込み、クレジットカード決済確認後、開催3日前までに閲覧URLおよびパスワードをお送りさせていただきます。
・参加費の振り込み後はご返金いたしかねますので、併せてご了承ください。
キャンセル料金:お申し込みから開催日(9月22日)の10日前まで料金の30%、セミナー開催6~9日前まで料金の50%、セミナー当日から5日前まで料金の全額
・本セミナーにお申し込みいただいた皆さまには、今後弊社よりご案内をお送りさせていただきます。お申し込みに先立って、お申し込みページのプライバシーポリシー(個人情報保護方針)にご同意の上、お手続きくださいますようお願い申し上げます。
・ご講演スライドと配布資料はご講演企業の意向により、異なる場合がございます。ご了承ください。
・過去のセミナーのお振込み、キャンセル料が未納の方はお申し込みをお断りしております。
・講師や主催者にセミナーの招待を斡旋する行為は禁止しております。発覚した場合、今後の無料セミナーを含めて、当該企業の参加を禁止とさせていただきます。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP