電子マネー「nanaco」がApple Pay対応、4つのメリットとは? 同日には「WAON」も対応

2021年10月22日8:36

セブン&アイ・ホールディングスのグループ傘下であるセブン・カードサービスは、2021年10月21日からグループ独自の電子マネー「nanaco」をApple Payに対応した。同日にはオンラインで記者説明会が行われ、Apple Pay対応のメリットについて説明した。

Apple Pay対応は利用者からの要望を受け対応が実現

当日は、まずセブン・カードサービス 代表取締役社長 水落辰也氏がnanacoの現状について紹介した。nanacoは、2021年8月現在で約7,400万人の会員を有しており、2020年1月と比較して約7%の増加となった。新型コロナウィルスによって社会環境が大きく変化する中、「非接触による安心感から利用者が増加した」と話す。また、全国約2万1,000店あるセブン‐イレブン、イトーヨーカドーといったセブン&アイグループ各店および外部加盟店の約80万店で利用可能であり、加盟店は2020年1月と比べて約28%増加している。この電子マネー「nanaco」はカードやおサイフケータイで利用可能だが、利用者からの要望を受けてApple Pay対応が実現したそうだ。

Apple Payでの決済

8月10日の対応発表後、多くの人から期待の声を受け、10月22日のサービス開始となった。今回の対応により、いつでもnanacoが発行できるようになり、さらに便利になったそうだ。水落氏は、これまでnanacoに興味のなかった未利用者、Apple Pay未対応などモバイル化で不便を感じていた人の再利用を期待した。また、「Apple Payの対応も含めた複合的な施策を行うことで、今後さらに会員数を増やしていきたい」と意気込みを見せた。

セブン・カードサービス 代表取締役社長 水落辰也氏

nanacoがより使いやすく、安心・安全な手段に

具体的な内容は、執行役員 電子マネー事業本部長 神谷智行氏が紹介した。今回の対応は、Apple Pay自体の利便性を兼ね備えたことにより、より使いやすく、安心・安全な手段として継続して利用してもらえるとした。

セブン・カードサービス 執行役員 電子マネー事業本部長 神谷智行氏

nanacoは特にポイントが好評だという。nanacoの利用200円で1ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント=1円として約80万店の加盟店で利用可能だ。さらに、7iD(会員ID)というセブングループ会社のアプリ会員サービスにnanaco番号を登録することで、グループ独自のマイルプログラム「セブンマイル」も貯められる。セブンマイルは、グループ店舗の買い物や食事で貯まったマイルを好きなタイミングで、好きな特典に交換できる。つまり、nanacoポイントとセブンマイルをダブルで貯めることが可能だ。こういったメリットが、iPhoneやApple Watchでも受けられる。

アプリで簡単に新規発行や虹色カードの移行が可能

神谷氏はApple Payへのnanaco対応のメリットを4つ挙げた。1つめは、アプリで簡単に新規発行できる点だ。アプリで好きな時に発行できる。また、nanacoカードの虹色デザインのカードをそのままApple Watchへ移行可能だ。

カードの新規発行、もしくは虹色カードからの移行が可能

利用者は、nanacoアプリで「新規発行」をタップし、会員情報や会員メニュー用パスワードを登録して、nanacoが発行される。その後、nanaco番号と会員メニューパスワードを登録することでセブンマイルが貯まるそうだ。虹色デザインのnanacoカード利用者は、ウォレットアプリで「電子マネー追加」をタップし、iPhoneをカード上に置くと、残高やポイントを取り込むことが可能だ。カードを取り込むと、新たにnanaco番号が発行される(セブン&アイグループ各社アプリに登録したnanaco番号は変更手続きが必要になる)。

虹色カードにiPhoneを置いてカードの追加

2点目は、アプリで簡単にチャージできることだ。従来のカードやモバイルは店舗やATMでチャージが中心だったが、iPhone画面上で残高確認をして、JCB、Mastercard、American Express、セブンカードのクレジットカードで好きな時にチャージができる。これにより、顧客利便性は高まるとともに、コロナ禍での接触機会の軽減、スタッフの業務軽減につながるとした。

アプリから簡易にチャージが可能に

どこでもnanacoポイントを電子マネーに交換可能に
現状1割のモバイルユーザーの拡大なるか?

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP