すみしんライフカードがFinTechベンチャーのカード発行を支援する理由とは?

2021年11月2日8:00

ライフカードと三井住友信託銀行が設立したすみしんライフカードは、Visaライセンスを活用してフィンテック(FinTech)企業とのブランドプリペイドカード発行支援を進めている。同社担当者にこれまでの成果について話を聞いた。

ライフカード ブランド推進部 ブランド推進課 課長 那須直幸氏

記事のポイント!
①プリペイドの発行支援を強化
②Kyash、mixi、freee、EVERINGを支援
③FinTech企業の発行の形態もさまざま
④事業としての収益は?
⑤Visaの「FinTechファストトラックプログラム」に参加
⑥今後の取り組みは?

ライフカードと連携してビジネス展開

すみしんライフカードは、Visaのアクワイアリング業務をメイン事業として展開、現在はプリペイドカード発行支援事業に力を入れようとしている。

「リテール分野へ進出したいという三井住友信託銀行と自社でアクワイアリング事業を開始したいという両社の思惑が一致して、すみしんライフカードを設立しました」とライフカード ブランド推進部 ブランド推進課 課長 那須直幸氏は話す。現在、アクワイアリング事業にあたっては、Mastercardブランドはライフカード、Visaブランドはすみしんライフカードがアクワイアラとなっている。

Kyash、mixi、freee、EVERINGを支援
現在も複数の案件が進行中

「すみしんライフカードでは、4年前に国内のFinTech決済企業の草分け的存在であるKyashとプリペイドカード発行支援事業で成功した実績があり、同事業にかじを切ろうということで、注力しています」と那須氏は説明する。その後もミクシィ(mixi)、freee、EVERINGといった企業を支援しており、現在も複数の企業の案件が進行中だ。

那須氏は「FinTech企業同士は横のつながりがあるため、企業側からお声がかかることもあります。今後も積極的に取り組んでいきたいです」と意気込みを見せる。

さまざまな発行形態を支援
事業としての収益は確保

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP