無利息で3回後払いが可能な「Smartpay」の強みとは?Google PayやApple Payと統合

2021年11月18日8:37

Smartpayは、2021年11月16日に記者説明会を開催し、国内向けの後払い決済(BNPL:Buy Now Pay Later)サービス「Smartpay(スマートペイ)」を展開すると発表した。国内外でBNPLが話題となっているが、「Smartpay」はオールインワン型で利息ゼロが強みとなるそうだ。

3回の均等分割払いを8週間で設定
VisaやMastercardで支払い可能

Smartpayは、Paidy、Mastercard、Facebookといった企業において、20年以上の経験を持つ同社のメンバーが構築した新しい後払い決済だ。カントリーマネージャー 大坪直哉氏によると、SmartpayはSMBCベンチャーキャピタルをはじめ、BNPL分野において世界最大規模のGlobal Founders Capitalなどの複数の機関投資家から出資を受けているという。

iOSの「Smartpay」の画面

決済サービスの特徴として、3回の均等分割払いを8週間の期間で設定する。また、消費者には、登録料、利息、決済手数料、および延滞手数料がかからないサービスを提供する。決済サービスのスピードも強みで、30秒でチェックアウトが完了する「BNPLシングルクリックチェックアウト&クロスプラットフォーム」であるとした。

Smartpayの特徴

支払いは、VisaやMastercardが可能で、Google PayやApple Payのウォレットサービスとも統合されている。2回目以降の支払いは、指定のクレジットカードで自動的に支払いが完了する(クレジットカード会社の分割払いではない)。これにより、加盟店は売り上げを拡大し、コンバージョンレートを10%以上高めることができるとした。さらに、平均受注額を+5%、値引き率を3倍に縮小できると試算している。

支払いのデモを行うカントリーマネージャー 大坪直哉氏
利用のクレジットカードと連携

 

かご落ちを防止しコンバージョンを高める
「現金払い」よりも「決済体験」にフォーカス

共同創設者のSam Ahmed氏によると、国内のeコマースサイトでのかご落ち率は85%と世界的に高いという。Smartpayは、カートに入れてから注文完了までに発生する手間や負担を減らすことで決済体験を向上させ、日本のマーチャントのコンバージョン率向上を目指す。

既存の後払いとの比較について説明する共同創設者のSam Ahmed氏

また、B2Cプラットフォームへの手数料などを払いたくないという加盟店も存在する。売り上げの多くがB2Cプラットフォームになると、売り上げに行き詰まりを感じる加盟店もあるという。また、他の決済プラットフォームとの比較では、クレジットカードは1回払いの場合は手数料がかからないが、分割払いは手数料が発生する。後払いの場合、1回100円~400円ほどのコンビニエンスストアや銀行振り込みの決済に加え、遅延手数料が発生する可能性がある。また、分割払いも可能だが、手間がかかる場合もある。

他の決済サービスとの比較

Sam Ahmed氏は、「これまでの後払いは現金払いにフォーカスしていました。Smartpayはeコマースでより良い体験を提供したい」と意気込む。手数料無料の分割払いでは、即座に審査を実施。また、返済を自動化し、30秒以内にチェックアウトが可能だという。同社によると、ワンクリックで利用できるBNPLサービスは、日本初だとしている。

チェックアウト画面について紹介する共同創設者のPieterjan Vandaele氏。視覚的な体験も意識しているそうだ

また、Smartpayでは、不正対策も力を入れており、決済のトランザクションごとに不正検知システムにより不正な取引を防止する。「消費者が何を購入したのか」、「いつ購入したのか」、「どんなデバイスを使って購入したのか」などの情報をもとに、トランザクションごとの取り引きをモニタリングしている。不正行為のリスクやチャージバック(不正利用等の理由によるユーザーによる支払い拒否)の管理は、すべて同社が担うそうだ。

加盟店には1行のコードで導入可能なウィジェット開発
日本での今後の展開は?

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP