新セルフPOS時代の行方(デジタルペイメントマーケティングを編む)

2022年1月11日8:30

カードビジネスや決済、流通戦略に切り込むカード戦略研究所 中村敬一の連載。今回は、新たな試みが進むセルフPOS(Point Of Sales)、大型店の無人化、新たな切り口等について紹介してもらった。

カード戦略研究所 中村敬一

トライアルはPOSレジ機能を盛り込んだレジカートを積極導入。カートではレコメンド情報も

ひと昔前のPOSレジを思いだし

昔、食品メーカーの担当者から「POSは、我々に取ってはギロチンと一緒ですよ」と言われたことを思い出す。苦労して納品した新商品が「売れない」(POS情報)という理由だけで注文がストップしてしまう。

本来であればメーカーは、何故売れなかったのか販売・売り場・顧客情報を分析したいところであろうが、店側からはPOSの売上情報だけで判断を下されてしまう。

さらに遡って振り返ると、ペン型バーコードリーダーが導入されんとした時代に、レジもようやくオートメーション化に突入できると期待され走りでもあった。

JANコードも標準化され時代は大きく動き始め、多くの企業、人々が将来を見据えた。

暫くはPOSレジのハード的メリット(打ち間違いや効率性対策)を享受していた小売業もEOS(受発注システム)、さらに顧客カードとの連動でソフト面のメリットを追求し始めた。

最近のPOSレジを体験して

筆者が日頃、食品スーパーやCVSで体験するPOS端末と決済機能を羅列してみる。全てで共通しているのはJANコード規格(バーコード)がベースであることだ。

  • タイプA(有人POS)

商品スキャンは店員が行い、決済は別に置かれた(POSレジの先)専用機で現金、カード(クレジット等)処理をお客が行うタイプ

電子マネー決済に関しては、チャージに関してチャージ機でのチャージと、POSレジでの決済時にチャージ金額を定員に告げ、先方の決済機にその分を現金でチャージすると、全てが精算されるタイプと、決済機で自分が金額を選択(画面)して、チャージ⇒精算と進めるタイプがある。

  • タイプB(無人POS)

商品を専用のカウンターに持ち込み、お客自らがバーコードをスキャンして、表示された購入金額を、現金やカードで支払うタイプ。

また同様の機能で、現金は受け付けずキャッシュレスのみのタイプもある。

以上のように大きくは有人型現金&キャッシュレスPOSと無人型キャッシュレスPOS、無人型現金&キャッシュレスPOSに分けられる。

利用側(消費者)に立つと、買う量にもよるが、有人型現金&キャッシュレスPOSが面倒もなく、抵抗感も少なかった。

現金、カードを気分で使い分けている筆者にとっては、無人POSでキャッシュレスしか受け付けないと後から気づいた時には(その時は現金支払いを考えていた)、何か抵抗感を感じたものである。

電子マネーのチャージのタイミングは、専用機の設置は共通であったが、レジカウンターでの運用操作が、精算時に言葉でチャージ金額を店員に告げるタイプの方が、後方機で精算とチャージを自ら行うよりは楽な感じがした。

新たな試みが進むPOSレジ風景

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP