2022年1月31日8:00

はじめに

近年スマートフォンの普及とともに、「おサイフケータイ」をはじめ、通信端末をかざすだけでデータ通信ができる機能や習慣が広く普及した。直近ではコロナ禍の影響等により、非接触式のICクレジット決済が世界規模で急速に拡がりを見せており、国内においても同決済システムに対応する端末がコンビニエンスストア、スーパーマーケット、飲食店等で増え、我々の生活に大きな変化をもたらしている。本稿では非接触式ICクレジット決済端末に用いられるNFCの法規制について、登録証明機関であるテュフズードジャパンが電波法認証試験の概要を解説する。

記事のポイント!
①RFIDとは
②NFCとは
③RFIDとNFCの違い
④高周波利用設備(誘導式読み書き通信設備)とは
⑤誘導式読み書き通信設備(13.56MHz)型式指定の試験項目
⑥型式指定の表示
⑦高周波利用設備に直接表示と電磁的表示

RFIDとは

RFID(Radio Frequency Identification)とは、無線通信を用いてタグのデータを読み書きする自動認識技術である。RFIDの技術を用いて作られたICタグをRFIDタグと呼び、RFIDタグとリーダライタで構成された無線通信システムがRFIDシステムである。

NFCとは

NFC(Near Field Communication)とは、ソニーが開発したFelicaやフィリップスが開発したMIFARE(ISO/IEC14443)をベースに互換性を維持するために開発した13.56MHzの周波数を用いた近距離無線通信規格である。

RFIDとNFCの違い

RFIDもNFCも近距離の無線通信によってICチップに情報を送ったり受け取ったりする技術全般を指すが、大きな違いは通信距離である。また、RFIDは通信方式次第では約6mまで通信可能であるのに対して、NFCは「近距離無線通信」と訳される通り、約10cmまでの距離の対応となる。

高周波利用設備(誘導式読み書き通信設備)とは

 高周波利用設備は大きく分けて通信設備と通信設備以外のものに分けられる。13.56MHzの周波数を使用する高周波利用設備は誘導式読み書き通信設備となり、総務大臣による型式の指定を受ける設備となる。この通信設備は、3mの距離における電界強度が500μV/m以下であれば許可を受ける必要はなく、微弱無線局の規定に該当する。

(出典:総務省資料)

誘導式読み書き通信設備(13.56MHz)型式指定の試験項目

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP