「提携クレジットカード」の新潮流~「ANA アメリカン・エキスプレス・カード」

2011年2月17日7:50

マイルが早く、多く貯まる「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」
日々のショッピングから旅行まで幅広くサポート

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(AMEX)では全日空(ANA)と提携し、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」を発行している。発行するのは年会費7,350円(税込)の一般カードと年会費3万2,550円(税込)のゴールド・カードの2種類。ボーナスマイルが貯まる入会特典も話題となり、当初の予想を上回る勢いで会員を獲得している。

貯めたポイントはANAのマイルに移行できる
無期限に貯められる点が差別化のポイント

「航空業界で代表的な存在であるANAは、これまで複数の提携カードを発行されていましたが、お客様の中で弊社との提携を待ち望まれる方は多かったです。『ANAアメリカン・エキスプレス・カード』はマイルが早く、大きく貯まる点が最大の特徴です」(アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 個人事業部門 マーケティング部 本部長 須藤靖洋氏)

左から、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の一般カードとゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードはANAの航空利用を含めANAグループの利用でポイントが一般カードで通常の1.5倍、ゴールド・カードで2倍付与されるほか、ショッピングや飲食など、日々の生活の中でクレジットカード決済を行うことでマイルを着実に貯めることができる。通常利用金額100円ごとに、ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワードのポイントが1ポイント貯まり、貯めたポイントは1,000ポイント(=1,000マイル)単位でANAのマイルに移行可能だ。

一般カードの場合は参加費6,300円(税込/年間・自動更新)の「ポイント移行コース」への登録が必要だが、登録期間中はポイントの有効期限がないため、「お客様が希望するポイント数まで貯めてから、マイルに移行することが可能です。ここは他社が航空会社と提携して発行するカードとの一番の差別化のポイントです」と須藤氏は自信を見せる。他社の場合は、ほとんどがカードを利用すると自動的にポイントがマイルに移行するため、航空会社のマイルの有効期限が切れると利用できなくなるが、同カードならばその心配はない。現在、ANAアメリカン・エキスプレス・カード会員の多くはポイントをマイルに移行している。

積極的なPRを実施
カードフェースのデザインも好評

AMEXでは新聞、雑誌、インターネットなどのメディアを活用し、積極的なPRを実施。特にWeb経由で多くの会員を確保できているそうだ。また、空港内でもブースを設け、同カードと親和性の高い潜在顧客にアピールしている。

「一般カード、ゴールド・カードともに、2009年10月の発行以降、予想を上回るペースで会員を獲得できており、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの一般カードの場合は7,350円(税込)で入会できることも魅力となっています」(須藤氏)

忘れてはならないのはカードフェースのデザインであり、一般カード、ゴールド・カードともに“かっこいい”と会員から喜ばれている。

ビジネスマンの会員が多い
航空利用以外でも高い稼働率を誇る

会員の属性としては、ANAとの提携カードである性質上、ビジネスマンのユーザーが多い。カードの利用単価や稼働率なども「弊社が当初、想定していた数字よりも高くなっている」と須藤氏は笑顔を見せる。

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 個人事業部門 マーケティング部 本部長 須藤靖洋氏

会員の利用傾向としては、ANAの航空利用はもちろん、メインカードとして日々の生活のさまざまなシーンにおいても使われているそうだ。

「弊社としてはカードにご入会後すぐにカードを多く利用してもらう機会をつくることで、継続的な利用につなげていきたいと考えており、入会特典やキャンペーンにも力を入れています」(須藤氏)

2011年はゴールド・カードに注力
2010年同様の会員数を目指す

2011年の重点施策としては、一般カードに比べ、稼働率や決済単価の高いゴールド・カード会員の獲得に力を入れていく方針で、今後、ポイントが早く大きく貯まる様々なカード入会キャンペーンを実施する予定だ。また、カードの目標枚数については、多くの会員を獲得した2010年同様の会員数を目指していきたいとしている。

■特集トップへ

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP