カード会社3社、地域活性キャンペーン「街カドフェスタ 仙台」を開催

2013年4月15日20:17

日専連ライフサービス、クレディセゾン、ジェーシービー(JCB)は、地域活性キャンペーン「街カドフェスタ 仙台」を2013年4月18日より開催すると発表した。

クレジットカード3社が協力し、仙台市内の15施設を対象にした利用促進企画を実施することで、地域をさらに盛り上げていきたいとしている。

具体的には、4月18日~5月19日の期間中、対象施設でカードでのショッピング利用金額の合計が5,000円(税込)以上の人の中から、抽選で総計 20組 40名に海外旅行をプレゼントする。

対象施設は、さくら野百貨店 仙台店、仙台三越、藤崎、ショップ&ワンダーアエル、イービーンズ、エスパル仙台店、ザ・モール仙台長町、SELVA、仙台パルコ、仙台ロフト、三井ショッピングパークララガーデン長町、仙台泉プレミアム・アウトレット、ヒルサイドショップス&アウトレット、三井アウトレットパーク仙台港、LABI仙台となる。

また、5月3日~5月6日の期間中、対象施設でカードでのショッピング利用金額の合計が3,000 円(税込)以上のカード利用伝票(控)と、利用カードを抽選会場に持参すると、抽選会に参加可能だ。

特賞として、宮城蔵王ロイヤルホテルペア宿泊券やJCBギフトカードなどがその場で当たるという。

抽選会場は、さくら野百貨店 仙台店、ショップ&ワンダー アエル、イービーンズ、三井ショッピングパーク ララガーデン長町、LABI仙台となっている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP