「MoMA DESIGN STORE」のオムニチャネル化を支援(Sテック)

2015年4月15日18:08

エスキュービズム・テクノロジー(Sテック)は、ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップ、MoMA DESIGN STOREを運営するシャディがリニューアルオープンしたECサイト「MoMA STORE」にエスキュービズム・テクノロジーのECサイト構築パッケージ「EC-Orange(ECオレンジ)」が採用されるとともに、店舗POSとの連携による顧客基盤の統合を支援したと発表した。

シャディ運営の「MoMA DESIGN STORE」のイメージ(出典:Sテック)
シャディ運営の「MoMA DESIGN STORE」のイメージ(出典:Sテック)

MoMA DESIGN STOREは、ニューヨーク近代美術館の学芸員がセレクトした“グッドデザイン”アイテムを販売する、日本国内唯一の公式ショップとなる。2004年よりECサイトを、2007年に表参道にて実店舗を立ち上げ、商品を提供している。同社では、ECサイトと実店舗を別々に立ち上げてきたという経緯もあり、それぞれに別のシステムを構築して運用。在庫情報と顧客情報の一元化が図れないまま、業務の煩雑化、ショッピングポイントが共有できないなど、さまざまな問題を抱えていたそうだ。

運営会社であるシャディがレガシーシステムを入れ替え、オムニチャンネル化を進める中、MoMA事業を店舗とECの融合のモデルケースとして位置づけ新システムへのリプレイスがスタート。エスキュービズム・テクノロジーが提供する「EC-Orange」をベースとした新たなシステムを構築したうえでECと店舗の商品データ、および顧客データの統合を図ったという。

店舗には新たにタブレットPOSを導入し、ECサイトについては、デザインはそのまま踏襲しつつ、中身をすべて入れ替えるという改修を実施。「EC-Orange」「EC-Orange POS」の導入により、MoMA DESIGN STOREが目指す会計スタイルを実現し。同時にEC、店舗、カタログといった、どのチャンネルにおいても同じブランド体験、MoMAの世界観を表現することに成功したそうだ。同社は今後、ECとリアルな店舗共通となるポイントキャンペーンの展開や、ECで注文した商品を店舗で受け取るなど、顧客にとって利便性の高いショッピング体験の提供を目指すという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP