吹石 一恵さん、斎藤 工さんが登場する新TV-CMを放映(三井住友カード)

2015年6月5日15:12

三井住友カードは、若年層をターゲットにした「三井住友VISAカード」の新テレビCMとして、『新入社員・初出社篇』、『大学生・通学篇』を制作、2015年6月6日から放映すると発表した。

左から吹石一恵さん、斎藤工さん(出典:三井住友カード)
左から吹石一恵さん、斎藤工さん(出典:三井住友カード)

新CMは、「ココカラ、ハジマル。三井住友VISAカード」をキャッチコピーに、”人生で初めて持つカード”は三井住友VISAカードがふさわしいということを、インパクトのある歌と、印象的な決め台詞で表現していると、同社では発表している。

大学生や新入社員の憧れの存在として、『新入社員・初出社篇』には先輩社員役で女優の吹石一恵さんを、『大学生・通学篇』にはビジネスマン役で俳優の斎藤工さんを起用した。両篇ともに、吉田拓郎さんの『人間なんて』のメロディにあわせ、吹石さん、斎藤さんが 「三井住友VISAカードラララーラ」と、口ずさむことをきっかけに、周囲の人々も合唱するという展開でCMがスタートする。

若者からの「やっぱり(三井住友VISAカードを)持ってたほうがいいですか?」という問いかけに対し、吹石さん、斎藤さんは「それは自分で決めればいいんじゃない」、「これからの君の生き方次第だな。」と一見つきはなしたような意味深な受け答えをする。これは、はじめて持つカード、つまりこれから人生を共にしていくカードは、信頼できる三井住友VISAカードを自分の意志と価値観で選んで欲しい、という思いを表現したものであるそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP