PCI DSS完全準拠率6年ぶりの低下を報告(ベライゾン)

2018年10月3日19:29

ベライゾンジャパン合同会社は、「2018年版ベライゾンペイメントセキュリティ報告書(PSR )」を2018年10月1日に発表した。ベライゾンは、ペイメント業界コンプライアンス調査報告書の発行を通じて、過去6年間(2010 – 2016)にわたって、PCIデータセキュリティスタンダード(PCI DSS)コンプライアンスにおける改善点について指摘し、その重要性について周知してきたが、同報告書では、PCI DSSへの完全準拠の割合が低下していることが報告されたという。

「2018年版ベライゾンペイメントセキュリティ報告書(PSR )」

ベライゾンのPCI DSS認定セキュリティ審査員(QSAs: qualified security assessors)が2017年中に収集したデータでは、グローバル企業における2017年のPCIの完全準拠率が2016年の55.4%から、52.4%に低下しているということが示された。地域によって差異があるものの、77.8%のアジア太平洋地域の企業が完全準拠を達成する一方、ヨーロッパ(46.4%)や北中南米(39.7%)の準拠率は低調となったという。これらの差異は、準拠をスタートするタイミング、受賞や認められることに対する文化的な賞賛、あるいはITシステムの成熟度・完成度といったことに起因する可能性がある。

ビジネスセクター別では、コンプライアンスに関してはITサービスがトップの座を維持しており、4分の3を超える企業(77.8%)が完全準拠を達成している。小売り業(56.3%)および金融サービス(47.9%)は、準拠状態の維持率が最も低かったサービス業(38.5%)を大きく引き離している。例えばEuropean Data Protection Regulation(GDPR :EU一般データ保護規則)といったデータ保護に関する法規制の要件を満たすために、PCI DSS準拠への取り組みを推進する企業がある中、日々電子決済を行うさまざまなビジネスセクター間で、準拠率に非常に大きな隔たりが存在するとした。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

【無料ウェビナー 案内掲載中】 ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

PayBやWeChatPay/Alipay/ PayPay等のスマートフォン決済、ミニプログラム、 越境EC、リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP