2012年のビジネステクノロジートレンド・トップ10を発表(ベライゾン)

2011年11月29日20:05

米国・ベライゾンは、2012年に企業と従業員に影響を与えると予測するビジネステクノロジートレンドのトップ10を発表した。

その結果、「高知能なネットワークの効果」「エンタープライズクラウド」「大量なデータが多くの考察を生み出す」「ソーシャル・エンタープライズ」「ビデオ通信が新たなトレンドに」「パーソナライズされたサービス」「企業における個人ポータブルデバイスの利用」「M2M2P (マシンからマシン、そして人へ)」「情報セキュリティのコンプライアンス遵守」「省エネビジネス」がトップ10となった。

ベライゾンでは、2012年は今まで以上に人や機器、それをとりまく環境のグローバルでのつながりが、グローバルにおけるビジネス基盤を形作り、業務の将来像を導いていくと予想する。同社では、次年度に備えて、今年1年の業務テクノロジーの傾向を振り返り、企業向けテクノロジーが、ビジネスリーダーに業務環境を刷新させ、より効果的なカスタマーサービスモデルへと強化し、広く社会の利益となる機会を創出することに貢献すると予測している。

ベライゾンの企業戦略ならびにマーケティング担当副社長であるMike Palmer氏は、「企業や政府にとって、かつて、これほどまでに未来が明るく見えたことはありません。テクノロジーを活用することで、成長を促し、産業界の課題の解決を助け、人々の生活やグローバル社会を生み出すことができます。2012年、テクノロジーは、医療、スマート・エネルギー・マネジメントの分野で活用されることが予想されます。そのほか、職場、家庭などさまざま場所において、ボーダレスなライフスタイルが受け入れられるようになるため、非常に重要な1年となるでしょう」とコメントしている。

なお、「情報セキュリティのコンプライアンス遵守」では、企業がPCI DSS基準に遵守していれば、データ侵害の被害は抑えられるとしている。2012年は、困難な経済状況に加え、政府によるさまざまな規制が厳しくなる中、ビジネスチャンスを最大限に利用し、質の高いビジネスを実践するためには、こうしたコンプライアンスの遵守が必須条件になると予想する。その上で今後は、企業も政府もセキュリティ基準に遵守しているパートナーを選択し、ビジネスを推進する傾向が高まるとしている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP