「narabee」が「漂えど沈まず ラバー・ダック~Fluctuat nec mergitur~」のグッズ販売をサポート(BEENOS Entertainment)

2020年8月5日7:00

BEENOSの連結子会社で、 エンターテインメント産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)とグローバル化を支援するBEENOS Entertainmentは、行列を解消するSaaS型モバイルオーダー・決済サービス「narabee(ナラビ― )」が、2020年8月1日~8月31日の期間、大阪・天満橋・八軒家浜で開催中のイベント「漂えど沈まず ラバー・ダック~Fluctuat nec mergitur~」のグッズ販売をサポートしていると発表した。

モバイルオーダー・決済サービス「narabee」(BEENOS Entertainment)

「narabee」は、イベント会場やライブなどのグッズ販売所や飲食店などの商品をオンライン上で事前に「注文」・「受け取り時間の選択」・「決済」することで行列を緩和し、利用者の負担を軽減するという。利用者はイベント開催の数日前や当日にかけて商品の注文・受け取り時間の選択・決済をすることができるため、 長時間行列に並ぶことなく欲しい商品を手に入れることができる。

「漂えど沈まず ラバー・ダック~Fluctuat nec mergitur~」では、「水都大阪2009」で日本に初上陸したラバーダッグが、水の都大阪を代表する景観・中之島剣先前の大川上に8月1日より登場。新型コロナウイルスの影響で川を行き交う船も激減し賑わいが失われてしまった水辺に、ラバー・ダックが安らぎのひと時を提供するという。narabeeは、新型コロナウイルス感染予防対策ソリューションとして採択され、同会場にてオリジナルグッズの販売をサポート。これにより、商品購入を求めるお客様の行列を緩和し、安心・安全なイベント運営の一助となることを目指すとしている。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP