モバイルICOCAとMaaSを活用した循環型で連続的なサービス目指す(JR西日本)

2020年10月19日7:00

JR西日本は、ICカード「ICOCA」のモバイル化について、2023年春のサービス開始を目指して、開発を進めると発表した。

現在のICOCAカードでは、定期券の購入やチャージなどを行うために駅窓口や券売機を利用する必要があるが、モバイル化によって、「非接触」「非対面」で利用可能となる。単にICOCAカードからの置き換えに留まらず、スマホならではの新たなサービスの展開も図っていくという。

WESTERやsetowaといったMaaSアプリ、e5489やEXサービスなどの予約サービス、決済・乗車・認証機能を担うICOCA、これらをデジタル技術の活用により、シームレスに連携させる。

モバイルICOCA(仮称)とMaaSを活用した循環型で連続的なサービス(JR西日本)

グループ共通でのポイント付与や、データの活用を通じて、「個」に応じた利用者の移動や生活、観光を便利にするサービスを、2025年の大阪・関西万博を1つのターゲットとして作りあげていくそうだ。

自宅からの一連の旅行のさまざまな場面で、WESTRやICOCAを1つのスマホで利用することで、ポイントが溜まり、次回も同社のホテル、鉄道や商業施設で利用してもらうという循環型で魅力あるサービスの提供を目指す。

なお、社外とも連携した移動のシームレス化、新たなコンテンツ提供とリアルなサービスの磨き上げにより、西日本エリアの活性化と同社グループの成長につなげていきたいとした。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP