Ponta会員が5,000万人を突破、新規提携社拡大とマーケティング支援に注力(LM)

2012年11月30日11:04

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は、Ponta会員が2012年11月30日時点で5,000万人を達成したと発表した。当初LMでは、2013年7月末に5,000万人到達を予想していたが、目標を8カ月前倒しで達成したという。

LM のデータベースマーケティング(出典:LMのプレスリリース)

目標を上回る急速な会員数拡大の主な要因は、①新規提携社拡大によるPonta会員の利便性向上、②「Ponta」のデータ分析を活用したLM独自のマーケティング支援の拡大、と同社では捉えている。

11月30日現在、Ponta提携社は、56社71ブランドまで拡大している。11月1日には新規提携社として、賃貸住宅仲介業の「アパマンショップ」を展開するアパマンショップネットワークがサービスに参画。12月1日には、すでに北海道・九州でPontaサービスを展開しているAOKIが、全国の457店舗にサービスを拡大した。

また、LMは新たな提携社としてセガ エンタテインメントと提携契約を結び、来春より同社が運営するアミューズメント施設「セガ」にてPontaサービスを開始する。

そのほか、O2Oマーケティング施策および媒体力強化を目的としてミクシィおよびリクルートライフスタイルとポイント分野で連携したキャンペーンの取り組みを始めている。

また、同社では、提携各社のニーズに合わせたさまざまなマーケティング支援を行っている。Pontaのデータベースを活用し、マーケティング施策の現状分析~戦略策定~プロモーション企画・実施~効果検証を一貫して行い、販売機会ロスの削減や、消費者のニーズに合わせた商品開発等を通じて顧客満足の向上を図っているそうだ。

また2012年7月には、効果的な販売促進やマーケティング施策の実現を目指し、提携社8社9ブランドで「CRM研究会」を発足。提携社ごとのニーズに基づいた合同プロモーション施策に取り組んでいる。

そのほか、Ponta提携社だからこそ実現できる施策として、複数提携社合同キャンペーンの実施、クーポン活用による提携社間の相互送客やPontaの販促ツールを活用した来店促進なども積極的に行っている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP