「タレス アクセス管理インデックス2020 APAC版」発表(タレス)

2020年10月29日11:57

タレス(Thales)は、2020年10月27日、アクセス管理に関するグローバル調査「タレス アクセス管理インデックス2020 APAC(アジア太平洋)版」の調査結果を発表した。APACおよび日本のIT意思決定者500人を対象とした同調査は、サイバー攻撃の脅威に対する懸念の高まりや、調査対象国内の企業が保護対策を強化させていることを顕在化させたという。また、アクセス管理ソリューションの導入を拡大させる大きな要因として、「パスワードの脆弱性を含むセキュリティへの懸念」(APAC:81%、日本:75%)、さらには「大規模なデータ漏洩への脅威」(APAC・日本:78%)という結果を報告した。

調査対象全地域においてリモートワークの導入により、企業のクラウド導入は拡大している一方、クラウドアプリケーションの利用増加がサイバー攻撃増加の要因になると懸念(APAC:58%、日本:42%)しているという。先日タレスが発表した「2020年 タレス データ脅威レポート グローバル市場版」では、1社平均29種類のクラウドサービスを利用していることを明らかにしている。

「タレス アクセス管理インデックス2020 APAC版」(タレス)

潜在的脅威を減少させながらクラウドへのアクセス管理を簡素化するために、企業(APAC:89%、日本:87%)はスマート・シングルサインオン(SSO)の利用拡大を推進している。SSOが提供する安全性については、機密データ保護(APAC:57%、日本:54%)、アプリケーション保護(APAC:45%、日本:20%)と回答している。また、データ漏えい防止(APAC:47%、日本:41%)、および顧客データの安全性(APAC:44%、日本:33%)に対する利点があるとも回答している。

APAC地域内のIT意思決定者が抱えるサイバー攻撃への脅威は、依然として払拭されていないという。その理由として、クラウド全体のセキュリティ保護に関する一貫性の不足(APAC: 57%、日本:46%)、適切な保護対策を実行できる強力なサイバーセキュリティソリューションの欠如(APAC: 56%、日本:50%)、さらにはクラウドアプリケーションのセキュリティを確保するための社内のスキル不足(APAC: 53%、日本:65%)を挙げている。さらに、非効果的なクラウドのアクセス管理がクラウドアプリケーションのセキュリティ問題につながることを指摘(APAC: 50%、日本:39%)している。

APAC地域のIT意思決定者は、経営陣に対してITセキュリティの必要性を訴えやすくなったと感じているという。IT意思決定者の半数以上(APAC:55%、日本:51%)が以前に比べて理解を得やすくなったと回答し、昨年の結果(APAC: 34%、日本:38%)から大きく上昇している。同調査では、特定のデータへのアクセス制御がコンプライアンス遵守に貢献する(APAC:99%、日本:100%)と回答している。

セキュリティ意識の向上という点から、APAC地域ではセキュリティやアクセス管理に関する従業員トレーニングを実施している企業は約半数(APAC:53%、日本:50%)という結果になり、2年前(APAC:49%日本:37%)よりも明らかな増加を示している。同様に、アクセス管理への支出(APAC:47%、日本:40%)も、2年前(APAC:45%、日本:33%)よりも上昇している。さらに、専任のCISOを設置する割合が2年前(APAC:41%、日本:32%)から増加し、今回の結果(APAC:47%、日本:42%)となっている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

PayBやWeChatPay/Alipay/ PayPay等のスマートフォン決済、ミニプログラム、 越境EC、リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP