「第55回スーパーマーケット・トレードショー2021」、新型のキャッシュレスレジも展示

2021年3月4日16:04

「第55回スーパーマーケット・トレードショー2021」が2021年2月17日~19日まで、幕張メッセ(千葉県美浜区)で開催された。スーパーマーケットでは、新型コロナウィルス感染拡大を機に、さらに消費者がキャッシュレスの意識が高まっているが、会場では決済関係の展示も行われていた。

フクシマガリレイは、「リアイル」参画企業6社の内5社より、トライアルグループのRetail AIが開発した、プリペイドカードと連携した「スマートショッピングカート」、「AIカメラ」などを活用した最新販促事例、新型ショッピングカートのプロトタイプや最新型の店舗用デジタルサイネージを展示した。

POSとVerifone(ベリフォン)製端末を連携させたソリューションを展開する寺岡精工は、フルセルフレジとスマホレジ専用精算機の計9台で構成する実店舗のチェックアウトエリアを会場内に再現。「アテンダントの最少化」を目的に、1人の店舗従業員が9台のレジに対応可能な「ワン・アテンダント」を実演した。すでに導入している店舗では、キャッシュレス決済比率が7割を超えているそうだ。

スマートフォンを利用した買い物サービス「Shop&Go」は、食品スーパーのマルトで採用されている。スマートフォンの専用アプリを使って商品をスキャン、キャッシュレスによるセルフ会計が可能だ。自身のスマホで会計を行うことができるため、レジ待ちの渋滞を回避することが可能だ。

寺岡精工の「HappySelf(Generation3)」は従来端末より小型化
壁掛け、キャッシュレス専用端末としても利用可能

また、2021年4月末に発売予定のキャッシュレス決済に対応したセルフレジ「HappySelf(Generation3)」を先行展示。同社の従来端末に比べ、「より小型化して、壁掛け設置にも対応できます」と寺岡精工の説明員は話す。セルフレジ、セミセルフに対応可能で、1台のスペースで2台分のレジを展開できるのが特徴だ。

決済手段は、クレジットカード、非接触電子マネー、QRコード決済などに対応できる。タッチパネルを利用して利用者自身でレジを操作でき、レジ袋の有無も選択可能だ。会場では、キャッシュレス専用レジのデモを行っていた。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP