韓国で管理するLINE Pay決済情報は9月までには日本にデータ移転完了へ(LINE)

2021年3月25日16:06

LINEは、2021年3月23日、個人情報保護委員会への提出内容に関する概要と海外拠点におけるデータガバナンスの在り方、今後の方針説明についての説明会を開催した。

3月23日の記者説明会の様子

事態を重く受け止める

冒頭、LINE 代表取締役社長 CEO 出澤 剛氏は「ユーザーの皆様にご迷惑とご心配をおかけしており、心からお詫びを申し上げます」と謝罪した。また、今回の事態を重く受け止めているとした。LINEでは、現状の課題認識として、①中国で個人情報にアクセスする業務を実施していた、②トーク上の 画像・動画等を 国外で保管、③プライバシー ポリシーで国名を明示していなかった、という3点を挙げた。

LINEでは、この対応の第一歩として、中国からの日本ユーザーの個人情報へのアクセスを完全に遮断した。また、LINEのコミュニケーションに関連する機能・サービスに係る機能開発・保守業務や運用業務については、中国での業務を終了する。もう1つは、トークデータの完全国内移転だ。LINEのメッセージのテキストデータは現在国内に保管されているが、韓国のデータセンターに保管されているトーク内の画像・動画・ファイルデータを2021年6月までに国内移転する。また、タイムラインについてはLINE公式アカウントは2022年6月、LINEユーザーは段階的に移転する予定だ。

透明性強化として、ユーザー向けポリシーを改訂し、国名の明示など、ユーザーへの説明をより一層明確化する。また、データセキュリティのガバナンス体制強化と、情報保護を強化する。有識者による特別委員会での検証の第一回目が開催されたが、それに加え国際的外部認証「CBPR認証」の取得申請、 米国「NIST」が定める世界トップレベルのセキュリティ基準への準拠を行う。

政府・自治体向けのLINE公式アカウントのデータアクセスは国内のみに制限。データ保管場所については21年8月までに国内に移転予定となっている。さらに、自治体向けコロナワクチン予約システムの関連データは国内のデータセンターのみに保管し、国内からのみアクセス可としている。

現在、LINE Payデータは日本と韓国で保管
一部の利用者情報や加盟店情報は韓国で

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP