北陸エリアで予約決済機能を備えた観光型MaaS導入に向けた実験実施(JR西日本)

2021年6月11日18:07

JR西日本は、北陸新幹線敦賀延伸の効果を最大限に高め、北陸エリアへの観光誘客の拡大を図るため、出発から目的地までの新幹線をはじめとする鉄道に加え、現地でのバス、タクシー、レンタカー、レンタサイクルなど交通機関及び観光素材をスマートフォンでシームレスに検索・予約・決済することができる「観光型MaaS(Mobility as a Service)」を2022年度に導入すると発表した。

開始に向けて、12月1日~2022年3月31日まで導入に向けた実証実験を行う。本格導入は、2022年度下期を予定している。実施主体はJR 西日本で、北陸三県誘客促進連携協議会、日本旅行が協力する。

具体的には、実施エリアである北陸3県(富山県・石川県・福井県)と協力し、「WESTER」の基盤を活用した「おでかけクエスト(デジタルスタンプラリー)」を実施する。観光施設や公共交通のご利用等、複数のクエスト達成による特典の付与を通じ、利用者個々のニーズに対応しつつ「たび前」から「たび後」までの一連の体験を後押しするサービスを提供するそうだ。利用者は、新常態をサポートする JR 西日本公式アプリ「WESTER」から参加が可能。

2021年の実証実験を元に、2022年に予約決済機能を備えた観光型MaaSの導入を目指すとしている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP