札幌の地域ICカード「SAPICA」を「TMN ゲートウェイ」取扱ブランドに追加(TMN)

2021年6月29日20:12

トランザクション・メディア・ネットワークス(TMN)は、札幌総合情報センター(SNET)が運営する札幌エリアの地域 IC カード「SAPICA(サピカ)」を「TMN ゲートウェイ」の取り扱いブランドに追加し、年内の運用開始を予定していると発表した。

TMNが展開する、店舗と各種決済サービス事業者を中継するクラウド型決済サービス「TMN ゲートウェイ」において、札幌エリアの地下鉄・バス・市電さらに店舗で利用できる地域ICカード「SAPICA」の取り扱いを開始する。これによりTMNの取り扱いブランド数は、合計40種類(クレジット7種類、電子マネー16種類、QRコード13種類、共通ポイント2種類、地域マネー2種類)となる。運用開始は年内を予定している。

「SAPICA」は札幌市内の交通・商業・行政分野で利用できる地域 IC カードとなる。公共交通や買い物、行政サービスへの支払いに加え、行政施策検証(ボランティア活動や健康増進活動へのポイント付与)に活用されたり、図書館の貸出券機能や、札幌市中心部の駐輪場や市郊外のパークアンドライド駐車場の精算にも使用されるなど、市民の生活に根ざしたサービスが特徴だ。札幌市民を中心に約 185 万枚発行されている。

TMN は地方創生に向けた取り組みとして地域マネーに注目。すでに、熊本エリアで運用されている「くまモンの IC カード」のクラウド化を業界で初めて実現した。第2弾として札幌市を中心に展開する地域マネー「SAPICA」のクラウド型サービス提供を行う。これにより「SAPICA」を取り扱いたい店舗で、導入負荷が軽減され、「SAPICA」の利用拡大が期待される。また、交通・商業・行政分野のデータを融合したデータ利活用の促進につなげることで、さらなる利便性向上を目指し、札幌市が掲げる目指すべき都市像「北海道の未来を創造し、世界が憧れるまち」の実現に貢献できると考えているそうだ。

株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス

〒103-0027
東京都中央区日本橋2-11-2
TMNはクラウド型電子マネーの商用化を業界でいち早く実現しました。現在は、電子マネー、クレジット、QRなどキャッシュレス決済ゲートウェイの他、ハウスプリペイドなどマーケティングソリューションまで幅広く展開しています。取扱いブランド数は業界最多レベルを誇り、決済処理金額は年間換算2.7兆円(2020年10月時点)、累計接続端末台数は70万台に達し(2021年3月時点)、今後さらに拡大する見込みです。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP