コロナ禍で利用頻度が増えたトップは「非接触決済(スマホ決済)」(Pontaリサーチ)

2021年9月22日8:42

共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティングは、2カ月に1度、Pontaリサーチで消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「Ponta消費意識調査」を実施しているが、2021年8月27日に「コロナ禍のサービス利用の変化」「節約志向と節約理由(性年代別)」について調べた結果についての説明会を実施した。

ネット通販で購入したものは「衣類」「日用品」が約6割
「節約したい」派が最も多いのは女性20代

消費者意識の調査で、コロナ禍にネット通販で購入したものは、「衣類」「日用品」が約6割となった。また、初めて買ったものは「食品(お取り寄せ)」が6.7%で最多。コロナ禍にネット通販を利用した人が購入したものは、「衣類」「日用品」が約6割となり、「本・雑誌」「食品(ふだん食べるもの)」が約5割となっている。さらに、コロナ禍に初めて買ったものは、食品が上位となり「食品(お取り寄せ)」が6.7%、「食品(ふだん食べるもの)」が5.4%だった。

節約志向の調査では、今月の家計の支出を節約したい金額に1円以上を回答した「節約したい」派は、61.4%となった。性年代別として、「節約したい」派が最も多いのは女性20代で75.0%、最も少ないのは男性60代以上で50.7%となり、その差は24.3ポイントとなった。

節約したい理由として「日々の生活費のため」が全体の1位となり44.4%、性年代別でみると女性30代で51.7%と最も高かった。節約志向が最も高い女性20代は「将来の消費のため」が最も高く53.8%だった。各年代で性別を比較すると、それぞれ男性の方が「欲しいものを買うため」が高い傾向がうかがえる。

「非接触決済(スマホ決済)」「テイクアウト」「ネット通販」がトップ3
Pontaを「いまつかいたい」がトップに

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP