コンタクトレスを支えるNFC技術の回帰【FIME JAPANの技術解説】

2021年11月8日8:30

手軽な非接触IC決済、コンタクトレス決済を支える重要な技術にNFCがある。今となっては、周知の熟成されてきた技術ではあるが、新しいユースケースが増えてきて、再度、重要性にフォーカスがあたっているのではと見ている。本稿では、2つの例を挙げて俯瞰してみる。

  • コンタクトレスカード読み取り性能

初期導入コストを抑えつつ、Android 端末でタッチ決済を実現する「Tap on Phone」のパイロットプログラム、ユースケースがまもなく日本でも現れる見込みと聞く。「Tap-on-Phone」による決済実現のためにはいくつか課題があるが、その1つがコンタクトレスカード読み取り性能である。常時通電される従来据え置き型決済端末に比べ市販スマートフォンでは、出力磁界が大きくないため、NFCコンタクトレスカードの活性化が課題である。また、昨今mPOSソリューションが普及しているが、読み取り性能(reader機能)の調整を施したものである。一方、市販スマートフォンは、一般的にカード機能をエミュレーションしているもので、役割が正反対となり、ハードウェア要件としては、通信しやすいスィートスポットを確保するための最適化が必要になる。

読み取り性能(reader機能)の一例を示す。

市販のスマートフォンを2機種とコンタクトレスクレジットカード12種類対向、XYのポジション9か所、Z軸を0,1,2cmに設定した時の通信可否を記録したもの。(1か所につき5回試行し、5回成功したものを緑背景、一度も成功しないものを赤背景とした)

スマートフォン機種1

スマートフォン機種2

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP