KDDIがエリア定額乗り放題「mobi」提供、au PAYアプリ上で予約・決済できる「au Moves」提供

2021年12月23日8:20

KDDIは、2021年12月22日に「au 新モビリティサービス」の記者説明会を開催した。KDDIでは、WILLERとともに、2022年1月から、エリア定額乗り放題サービス「mobi」を共同で提供する。また、高速バスの検索・予約・決済・予約照会・キャンセル登録などの一連の手続きをau PAY アプリ上の「au PAY」で完結できる「au Moves」を提供するそうだ。

左からWILLER 代表取締役 村瀨茂高氏、ゲストの関根 勤さんと安田 美沙子さん、KDDI 代表取締役社長 髙橋誠氏、事業創造本部 本部長 松田 浩路氏

「ヒト、モノ、コトをつなぐ」
自宅から2キロ圏内の乗り放題のサービス

KDDIでは、移動を感動に変える、新たな価値の創出を目指している。社会課題としての地方の高齢者の移動不安の解消、移動ニーズの多様化への対応、移動の先の出会いなどで新たな価値を提供することが必要だ。都市と地方において、「ヒト、モノ、コトをつなぐ」ことが求められる。その第一弾として、mobiによるエリア定額乗り放題サービスを提供する。

利用料金

30日間定額プラン 1回乗車プラン
5,000円
  • 同居家族は6人まで、1人あたり500円追加で登録可能
    例: 3人家族の場合、6,000円 (1人あたり2,000円) で利用可能
  • はじめの14日間は無料でお試し可能
大人300円
小学生以下150円

同サービスのコンセプトは、自宅から2キロ程の生活圏内で乗り放題のサービスだとした。KDDIでは、WILLERと、Community Mobilityを設立している。

WILLERのコミュニティモビリティのコンセプトとして、人と人、人と街をつなぐ移動サービスを提供することだという。高齢化、人口減少などの問題を解決するサービスを展開することで、持続可能な社会をつくり、移動の格差をなくし、すべての人が自由に移動できる世界を目指している。

コロナ禍で生活様式が変わったが、mobiサービスでは、自宅から約2キロ圏の近距離回遊移動サービスとなっている。また、エリア内であればどこでも乗り降りが自由だ。さらに、定額乗り放題のため、交通費の心配をすることなく外出が可能だ。

今後は幅広いエリアでのサービス展開を予定
キッザニアなどとも連携へ

mobiは2021年6月31日から京丹後市(京都)エリア、7月1日から渋谷区(東京)エリア、12月6日から千種区(名古屋)エリアでサービスを展開。また、2022年には豊島区(東京)エリアでもサービスを開始予定だ。

今後は、北海道4、東北2、関東5、中部3、近畿5、四国1、九州2と、幅広いエリアでのサービス展開を予定する。地域でストレスのない移動が進むことで、人々の外出の機会が増える。また、地域店舗は来店客が増えて、街が活性化する。さらに、利用者の自宅とバス停や駅までを結ぶことで、二次交通として公共交通と接続し、移動総量が高まることを期待している。

 

なお、KDDIでは、全国60超の自治体と地域連携協定を締結。また、2,300店舗超のauショップのネットワークを活用している。KDDIでは、人流データを使って、高速・自動でエリアを選定できる強みがある。また、スマートフォン決済「au PAY」や「auスマートパス」といった顧客接点の活用に加え、リアルの接点を使ってデジタルデバイドの解消に力を入れている。さらに、親子連れで訪れる機会の多い、キッザニアなどとも連携し、施設への無料送迎などを検討していくそうだ。mobiでは、地域住民に加え、自治体、地域企業と会話しながらサービスを進化させていきたいとした。

「au Moves」はアプリの中で一元的なサービスが可能
au PAY決済でPontaポイントも貯まる

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP