都心に一番近い道の駅にコンテナ型の無人キャッシュレス店舗「いちかわGo」オープン

2022年2月2日9:20

日本メックスは、ピースノート、NTT東日本と協力し、2022年2月1日から、入店から商品選択、登録したクレジットカードによる決済までをスマートフォンで完結する店舗として、千葉県市川市の「道の駅いちかわ」敷地内においてコンテナ型スマートストア「いちかわGO」をオープンした。

「コンテナ型」による無人店舗
登録したクレジットカードから支払い

「都心にいちばん近い道の駅。」となる「道の駅いちかわ」。トラックの運転手や仕事の通勤者などリピーターの利用が多い道の駅でもある。今回、「道の駅いちかわ」におけるさらなる利便性向上と効率的な店舗運営に向け、環境に配慮した「コンテナ型」による無人でも運営可能な地域密着型のスマートストアをオープンした。

コンテナ型のため、移動して気軽に設置可能

「道の駅いちかわ」の通常の営業時間は9時~22時だが、「いちかわGO」は24時間利用可能だ。日本メックスでは、NTT東日本やピースノートから、「コンテナ型」であればコストを抑え、気軽に24時間営業のスマートストアを展開できるという提案を受けて、オープンに至った。店舗では、約150種類の商品を販売している。

150種類の商品を販売。利用者ニーズ、店舗価値を高めながら、地域の販路としての役割を担うことも

「いちかわGO」を利用する人はNTT東日本が提供する「スマートストア」アプリをダウンロードし、利用者情報やクレジットカード情報を登録する。店舗の入店時にはアプリの「ゲートにかざして入店」をタップし、QRコードを表示してゲートにかざして入店する。店舗内では、購入する商品のバーコードをQRコードリーダーで読み込み、カートに入れて決済を行う。退店時にもQRコードを表示し、ゲートにかざすとゲートが開く仕組みだ。「いちかわGO」は無人で運営されるため、品出しのみで済み、店舗のスタッフが店舗内に常駐する必要はない。利用者がアプリをダウンロードする手間はあるが、新型コロナウィルス感染禍の中、 人手を介さないニューノーマルの時代に即した店舗運営ができるという。

アプリの利用を促す
QRコードを表示して入店する
商品のバーコードを読み取り、カートに入れる
登録したクレジットカードで支払いを行う
購入履歴はアプリで確認できる

地域住人の利用も想定
3年間は営業を継続予定

「道の駅いちかわ」には24時間常駐するスタッフもいるため、おにぎりなど対面での販売が必要となる商品を売ることも可能だ(消費期限の関係でおにぎりは現状昼間のみ設置)。道の駅いちかわ 駅長 麻生岳人氏は「地域の皆様に知っていただき、散歩がてらに使っていただくことも考えています」と話す。周辺にはコンビニエンスストアも多くないため、地域の住人が日常的に利用することも想定している。「いちかわGO」は、3年間は営業を継続し、リピーターによる日常利用を促す。

今回、「いちかわGO」に「スマートストア」アプリを提供しているがNTT東日本だ。「スマートストア」アプリは、NTT東日本社内3箇所(東京都新宿、神奈川県横須賀、北海道札幌札幌)で同社社員が利用できることに加え、栃木銀行の御幸ヶ原支店、埼玉県ふじみ野市の「たべりば」で地域の人々が利用可能だ。道の駅での展開は今回が初めてだが、「利用が習慣的に見込める場所があれば、積極的に展開していきたいです」とNTT東日本 経営企画部 営業戦略推進室 担当部長 眞木宣文氏は意気込む。

人手が確保しにくい場所でも展開可能
ウォークスルー型店舗の実験も実施

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP