Google Cloud内で暗号鍵を作成・管理へ(タレス/グーグル・クラウド)

2022年2月24日19:43

デジタルセキュリティベンダーのタレス(Thales)と、グーグル・クラウドは、両社の長年にわたる提携関係を基盤に、ワークロードをクラウドに移行する顧客のデータセキュリティの強化に取り組んでいると発表した。タレスとグーグル・クラウドのソリューションは、ユビキタスデータ暗号化を実現するという。同統合ソリューションは、顧客が所有・管理する包括的な集中鍵管理により、データの保存時、使用時、転送時の完全な制御を可能にする。これは、使用中のデータを処理しながら暗号化する技術であるグーグル・クラウドのConfidential Computingと、タレスのCipherTrust Cloud Key Manager(CCKM:クラウド暗号鍵管理)の力を併せて活用し、Google Cloud内で暗号鍵を作成・管理するという。同統合ソリューションは、タレスのCipherTrust Cloud Key Managerを活用し、ユーザーが暗号鍵を作成し、各鍵のラッピングとアンラッピングのルールを確立できるようにし、幾つかの特定の機密コンピューティングのユースケースを支援するそうだ。

タレスのCipherTrust Data Security Platformは、エンドユーザーがオンプレミスおよびクラウド上にデータがある場合に加え、機密性の高いワークフローやデータをクラウドに移行する際、確かな所有権を維持できるようにする特徴がある。今回のGoogle Cloud Platform(GCP)向けの新たな統合ソリューションはBYOK(Bring Your Own Key:独自鍵の持ち込み)よりも強固なセキュリティを実現する、HYOK(Hold Your Own Key:独自鍵の保持)の新しいユースケースとなる。

AMD EPYCプロセッサーを搭載したConfidential VMを使用するグーグル・クラウドの顧客は、AMD EPYC CPUで利用できる高度なセキュリティ機能であるセキュア・エンクリプテッド・バーチャライゼーション(Secure Encrypted Virtualization)により、使用中のデータを暗号化することができるという。コンフィデンシャル・コンピューティングにより、顧客は処理中であってもデータの機密性と暗号化を維持できることに確信を持つことができる。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP