特急バス「長野-大町・扇沢線」の車内でVisaのタッチ決済を導入(アルピコ交通)

2022年4月8日12:00

アルピコ交通、三井住友カード、小田原機器、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)は、 2022年4月15日から、 アルピコ交通が運行する特急バス「長野-大町・扇沢線」の車内において、Visaのタッチ決済をキャッシュレス決済として導入すると発表した。

乗車時にタッチ決済対応の Visa カード(クレジット・デビット・プリペイド)または、スマートフォン等などを、バス車内に設置されたリーダーにかざすと運賃の支払が完了する。

Visaのタッチ決済イメージ(アルピコ交通/三井住友カード/小田原機器/Visa)

長野-大町・扇沢線は長野駅から、山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」の入口である扇沢まで直行する特急バスとなる。2022年4月15日の立山黒部アルペンルート全線開通に合わせて、Visaのタッチ決済を導入する。

各社の役割として、アルピコ交通株式会社が特急バスの運行、乗客への案内、三井住友カードがキャッシュレス決済導入支援、steraプラットフォーム提供、小田原機器がキャッシュレス決済用システム(タブレット端末等)の開発・提供、VisaがVisa のタッチ決済に関するソリューション提供・認知プロモーションとなっている。

Visaのタッチ決済は、 日本を含む世界約200の国と地域で展開されている。世界では、すでにロンドンやシンガポール、 ニューヨークなどを含む500以上の公共交通機関で導入済みだ。また、2021年12月末現在で、国内のVisaのタッチ決済対応カードの発行枚数は約6,270 万枚、利用可能な端末数は100万台を突破。公共交通機関では、今回も含めて15道府県20プロジェクトが進行中だという。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP