渋谷区でハチペイとハチポ開始、総額約4.5億円のキャンペーンを開催(カヤック)

2022年11月2日7:20

カヤックが総合プロデュースを担う渋谷区デジタル地域通貨「ハチペイ」とまちのコイン「ハチポ」を、2022年11月1日から提供開始した。ハチペイ開始記念として、ポイント還元やプレミアム付き商品券の販売など、総額約4.5億円のキャンペーンを開催する。

総額約4.5億円のキャンペーン開催(カヤック)

「ハチペイ」は、渋谷区内限定で店舗やサービス、イベントなどで支払いができる渋谷区独自の新しいキャシュレス決済アプリだ。一方、カヤックが開発したコミュニティコインアプリ「まちのコイン」を使った「ハチポ」は、換金性がなく、地域活動などまちに良いことをするとコインを獲得し、お店やイベントでの特別な体験に利用できる。

「ハチペイ」を活用し、お得さと利便性向上による消費喚起に加えて、地域活動などで得られるコミュニティコイン「ハチポ」の付与により産業振興と地域コミュニティの活性化を目指すという。

利用者は、事前にアプリをスマートフォンにダウンロードして利用できる。クレジットカードまたは全国のセブン銀行ATMや区内10か所の専用チャージ機で現金をチャージ可能だ。区内の加盟店で支払い時に、スマートフォンをかざして金額やメニュー選択で支払い完了する。

カヤックとポケットチェンジがアプリを共同開発している。ポケットチェンジが開発したオリジナル電子マネーアプリを作れるプラットフォーム「pokepay」のソフトウェア開発キット(SDK)を活用している。また、マイナンバーカードの読み取りによる区民認証が可能だ。

キャンペーンでは、11月1日~2023年3月31日まで、アカウント登録で500ポイントプレゼント(5万人分)。また、同期間はハチペイ決済で8(ハチ)%のポイントを還元する。さらに、署名用電子証明書を持つ15歳以上の渋谷区民を対象に、マイナンバーカードで区民認証することで1,000ポイントプレゼント(3万人分)する。また、1万円チャージで1万5,000円分のハチペイデジタル商品券を販売する。

2023年2月(予定)には、ハチペイ決済で30%のポイントを還元(期間内1人1万円まで)するという。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP