コンタクトレンズのハートアップにLINEミニアプリを開発・提供(ネットスターズ)

2022年12月13日19:14

ネットスターズは、日本オプティカルが全国展開するコンタクトレンズの「ハートアップ」向けに、来店前の「スマート事前会員登録」機能をメインとするLINEミニアプリを開発、 2022年12月13日より利用開始した。開発にはネットスターズ独自のミニアプリ開発プラットフォーム「StarPay-mini」を活用したという。

来店前の「スマート事前会員登録」機能をメインとするLINEミニアプリ(ネットスターズ)

今回開発したLINEミニアプリは、利用者の店頭での待ち時間短縮を目的にしている。初めて「ハートアップ」を利用する人は、来店前の好きな時にLINEミニアプリを通じて必要情報を事前記入、店頭のチェックイン用QRコードを読込むことで本登録が完了し、会員証として利用できる。複数会員登録機能によって、スマートフォンを持たない家族も一緒に登録できる。

すでにハートアップに登録済みの会員は、ログイン機能によって「ハ―トアップ」のLINEミニアプリに会員証を表示できるので、紙の会員証を持ち運ぶ必要がなくなるそうだ。

店舗側にとっては、会員登録の説明や会員証を忘れた際のスタッフの業務負担が削減でき、店舗運営のコストダウンにつながるとしている。

ネットスターズは独自の開発プラットフォーム「StarPay-mini」により、「ミニアプリ」開発を行っている。「LINE」アプリ上で利用可能なLINEミニアプリを導入してもらうことで、利用者の手間を減らすことが可能だ。

株式会社ネットスターズ

〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-3-5 住友不動産八丁堀ビル3階
2009年の創業以来ゲートウェイ事業を展開。2015年にQRコード決済サービス「WeChatPay」を代理店として日本に初めて導入。以降、国内外のQRコード決済サービスを店舗に一度に導入・管理できるマルチQRコード決済ゲートウェイ「StarPay」サービスを展開。現在はStarPayの技術力を基盤に、多角的なサービス展開に取り組んでいます。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP