「Pay ID」の累計ID登録者数が1,000万人を突破(BASE)

2022年12月19日7:00

BASEは、運営する購入者向けショッピングサービス「Pay ID(ペイ アイディー)」の累計ID登録者数が、2022年12月14日に1,000万人を突破したと発表した。なお、「Pay ID」の累計ID登録者数は2022年8月18日に900万人を突破しており、前回の発表から4カ月弱で100万人が新規登録されたという。

4カ月で100万人が「Pay ID」に新規登録(BASE)

「Pay ID」は、BASEが運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」(ショップ開設数190万ショップ、2022年12月現在)を利用して開設されたネットショップで、ID決済を使って買い物できる購入者向けのショッピングサービスだ。

「Pay ID」のアプリも提供しており、アプリでは気になる商品を探したり、好きなショップをフォローして、商品の入荷情報やショップの最新情報を受信することが可能だ。

12月9日にはネットショップ作成サービス「BASE」のショップ開設数が190万を突破しており、それに比例して「Pay ID」のID登録者数も順調に増加しているが、特に2022年は、ブラックフライデーをはじめとしたECの年末商戦スタート時期となる秋以降、「BASE」を利用する各ショップが独自の販促施策を実施されたり、ホリデーシーズンに向けた限定商品等の販売を開始されたことで、「Pay ID」の新規登録の増加ペースがさらに加速したという。

また、ショッピング後に「Pay ID」へのID登録を促す案内表記等の改善や、2022年8月3日より、従来のパスワードに代わって、携帯電話番号(SMS)に届く6桁の認証コードを入力して「Pay ID」のアカウントにログインができる新機能「携帯電話番号ログイン」を提供開始したことなども、引き続きユーザーの安定的な「Pay ID」の新規登録をサポートしている。

なお、今後は、2023年3月にBNPL(Buy Now Pay Later)の提供を予定している。BNPLとは、独自のアルゴリズムで与信管理を行うことで、購入者が商品購入後に支払いができる後払いとなる。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP