三井住友トラストクラブ、「ダイナースクラブ」の法人・ビジネスカードは順調に成長

2023年7月24日9:00

高額所得者の多い個人会員の入会や三井住友信託銀行の取引基盤を活用へ

三井住友トラストクラブは、国際ブランドのダイナースクラブ(Diners Club)を発行する国内唯一の企業だ。同社では、中小企業や個人事業主向けのビジネスカードとして「ダイナースクラブ ビジネスカード」や「ダイナースクラブ ビジネスプレミアムカード」を発行している。また、中堅企業や大企業向けには「ダイナースクラブ コーポレートカード」やプラスチックレスの精算システム「コーポレートパーチェシングシステム」を提供している。同社では高額所得者が多くを占める「ダイナースクラブカード」の特性、三井住友信託銀行グループの取引基盤を生かし、法人・ビジネスカードの展開を強化している。

三井住友トラストクラブ 執行役員 営業本部長 浦郷恒氏

収入・将来性・安定性が高い高額所得者が多い
ビジネスカードは急激に成長

三井住友トラストクラブでは、法人・ビジネスカードの発行に力を入れている。BtoBの決済分野は1,000兆円の市場と言われているが、キャッシュレス比率は1割にも満たない状況だ。成長するポテンシャルが高いマーケットであり、カード会員もまだまだ開拓の余地がある。

また、個人会員で「ダイナースクラブカード」、とくに上位の「ダイナースクラブ プレミアムカード」を保有している会員は何かしらの事業を行っている「経営者」が多い。三井住友トラストクラブの会員属性は、企業オーナー役員が21%、自営業が7%、医師・歯科医が14%、弁護士・会計士が2%など、収入・将来性・安定性を兼ね備えた経営者・高額所得者で構成されている。そのため、個人カードと合わせて、ビジネスカードを保有してもらうことで、会員のニーズに応えられるものとしている。

これまでの実績として、三井住友トラストクラブ 執行役員 営業本部長 浦郷恒氏は「数字は非開示ですが、法人・ビジネス分野は順調に伸びています。特にビジネスカードは2021年に商品ラインアップを充実させたことで、急激な成長につながっています。会員の規模は他社に比べてまだまだ少ないですが、口座数の伸びはコロナ前から1.5倍となり、利用単価も高いです」と成果を述べる。

Mastercard「コンパニオンカード」も保有可能
高額な決済に対応した利用限度額

同社では、2021年12月から「ダイナースクラブ ビジネスカード」を刷新し、新たに「ダイナースクラブ ビジネスプレミアムカード」をラインナップに加えている。まずは同カードの会員になってもらい、企業の規模が大きくなり、従業員が増えれば、「ダイナースクラブ コーポレートカード」のニーズが出てくる。

「ダイナースクラブ ビジネスカード」
「ダイナースクラブ ビジネスプレミアムカード」

浦郷氏は「コーポレートカードについては、お客様の利便性を高めるために7月からMastercardブランドの『コンパニオンカード』の発行を開始しています」と話す。コンパニオンカードは以前から個人向けの「ダイナースクラブカード」に付帯していたが、コーポレートカードでも2ブランドに対応することで、より会員の利便性が高まった。

「ダイナースクラブ コーポレートカード」

ビジネスカードに求められる機能として、高額な決済に対応した利用限度額が挙げられるが、「個人カードのノウハウが生きており、差別化できています」と浦郷氏は話す。ビジネスカードの与信枠の上限は個別に設定しており、柔軟に対応可能だ。例えば、商品の仕入れ、通信費、光熱費、Web会議ツール、SaaSの費用、広告費などで利用されている。浦郷氏は「Web広告は、広告枠を獲得する際にカード決済となりますが、高額になるため他のカードでは制限がかかる可能性がありますが、弊社では柔軟に対応できます」と説明する。

T&E分野では航空券の決済が増えてきた。リモートワークの普及によってコロナ前の件数には戻らないとしながらも、航空単価が高まっているため、同水準の金額の利用を見込んでいる。また、ビジネスプレミアムカード会員からは、コンシェルジュサービスも喜ばれているそうだ。

「ダイナースクラブ ビジネスコンパニオンカード」。Matercardブランドも持つことができる

パーチェシングシステムは近年大きく成長
「DGFT請求書カード払い」開始の背景は?

ビジネスカードの会員獲得は、営業部隊による対面販売、Webチャネルや会員誌を使った展開に加え、三井住友信託銀行のチャネルも活用している。また、利用者のニーズを把握した会員募集や、加盟店からの紹介もあるそうだ。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP