楽天ペイが決済アプリを統合する理由とは?オープン戦略とAI活用で新たな顧客体験を提供へ

2024年4月23日11:30

楽天ペイメントは、2024年4月18日、同社の事業戦略についての記者説明会を開催した。従来から展開する「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天 Edy」の各アプリを「楽天ペイ」アプリに一本化するという。将来的には「トランザクションのデータ×AI」のノウハウを組み合わせて、新たな顧客体験を提供していきたいとした。

楽天ペイメント 代表取締役社長 小林重信氏(右)と執行役員 CMO 諸伏勇人氏

広がるお得が支持を受ける
月間取扱高は業界平均の2倍に

楽天ペイはアプリ1つで決済できることに加え、さまざまなシーンでポイントが貯まるのが特徴だ。もともとは中小企業向けの決済サービスとしてスタートしたが、大手パートナ企業にも拡大。QRコード決済だけではなく、ポイント、交通、店舗訪問、オンライン、海外、クーポンなどでお得を提供してきたという。「広がるお得は強い支持をいただいています」(楽天ペイメント 執行役員 CMO 諸伏勇人氏)。

楽天ペイは、「2023年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」のQRコード決済業種で、「顧客満足」をはじめ主要6指標すべてで1位を獲得している。また、2024年3月QRコード決済上位4サービス利用者のポイ活意識調査で、現在最も活用しているポイントとして楽天ペイがトップとなった。

この結果はビジネスの数値にも影響しているという。月間取扱高は業界年間平均+37%だというが、楽天ペイは昨年対比で+76%と、業界平均と比べて2倍速で成長しているとした。諸伏氏は「キャッシュレスは加速するマーケットですが一番の伸び率があります」と話す。また、ダウンロード数は+64%となった。新規ユーザーが利用を開始するとともに、既存の利用者が定着しており、利用頻度が高まっている。

2つの軸で成長を加速へ
チャージ手段を拡充して利便性向上

諸伏氏は、今後のマーケティングの取り組みとして、「だれでも便利な楽天ペイ」「だれでもお得な楽天ペイ」の2つで成長を加速させていきたいとした。

「だれでも便利な楽天ペイ」で力を入れているのは入り口の強化だ。銀行口座の利用者に向けては、260以上の金融機関からチャージが可能となった。また、現金利用者に対しては、セブン銀行に続き、ローソン銀行ATMからチャージが可能だ。

C2C利用者に向けては、楽天ラクマでの売上金自動チャージが利用できるサービスを4月から開始した。これまでは手動だったが自動化することで、より便利になるとした。楽天ペイに加え、楽天グループ内でのサービスや買い物で利用できるのが特徴だ。諸伏氏は、これからも新たな機能を提供していきたいとした。

「楽天キャッシュ」チャージ払いで最大1.5倍に
クレカチャージは楽天カードのみ継続

だれでもお得な楽天ペイとして、2024 年夏頃より、「楽天ペイ」アプリ のポイント還元プログラムを改定する。これまで「楽天ペイ」アプリでは、「楽天カード」から「楽天キャッシュ」へのチャージ で 0.5%、チャージ払い時に最大1%の「楽天ポイント」を進呈してきたが、新ポイント還元プログラムでは、チャージした「楽天キャッシュ」を用いた決済時、だれでも最大1.5%の進呈に変更する。これにより、利用者はどのチャージ方法から「楽天キャッシュ」にチャージを行った場合でも1.5%還元になるという。同社では「利用者はどのチャージ方法から「楽天キャッシュ」にチャージを行った場合でも、『楽天キャッシュ』を用いた決済時に最大1.5%還元を受けることができるようになりますが、クレジットカードによる『楽天キャッシュ』へのチャージは、引き続き「楽天カード」のみの対応となり、その他のクレジットカードでのチャージはできませんので、変わらず「楽天カード」をご利用いただけると考えております」と説明する。

なお、「楽天ペイ」アプリでは、2024 年 4 月 18 日から「楽天ペイアプリのポイントカー ドならポイント最大 10 倍!」キャンペーンを毎月実施する。同キャンペーンでは、キャンペーン期間中にエントリーして、「楽天ペイ」アプリ内の「楽天ポイントカード」のバーコードを提示して買い物をすると、「はじめて」利用する人はもれなく全員に、「いつも」利用している人は抽選で 1万名に、通常の 10 倍の「楽天ポイント」を進呈するという。また、今夏には、チャージ払いをはじめて利用する人に対し、もれなく20%還元の取り組みを行う予定だ。さらに、楽天モバイルの契約者に対して、楽天市場の買い物が毎日全員5倍、楽天ペイのコード・QR払いが3カ月間最大5%還元キャンペーンの実施を予定している。

営業黒字化達成、好調なダウンロードをさらに伸ばす
AIとの融合で次世代アプリへ

代表取締役社長 小林重信氏は楽天ペイの戦略や今後について紹介した。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP