世界の消費支出に関する調査結果を発表(MasterCard)

2011年12月15日19:26

マスターカード・ワールドワイド(MasterCard)は、2011年12月15日、最新の世界の消費支出に関する調査結果を発表した。同調査によると、消費支出の中心が欧米からアジアへと移行するに伴い、今後5年間は新興市場の消費者が先進市場の消費者に代わって世界経済における価値創出と成長をけん引する見通しであるという。

MasterCardが発表した最新のInsightsレポート「新しい世界経済における消費支出の見通しと価値創出(Consumer Spending Outlook and Value Creation in the New Global Economy)」によると、 2012年から2016年に新興市場(中国、インド、ブラジル、ロシア、南アフリカ、トルコ、メキシコ、ナイジェリア、エジプト)における消費支出は年平均で1兆2,000億ドル増加するが、先進市場(アメリカ、日本、オーストラリア、韓国、香港、シンガポール、イギリス、オーストリア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ノルウェー、スウェーデン)での増加は7,000億ドル前後にとどまる見込みだ。東欧の発展に大きく寄与するベラルーシ、ブルガリア、チェコ、グルジア、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、スロバキア、ウクライナの過渡的市場(transitional market)での増加は950億ドルになる。

また、2008年から2016年までの家計消費の推移を見ると、世界の消費支出における家計消費のシェアは、先進市場が77.4%から58.3%に縮小し、新興市場は19.5%から38.7%へと拡大する見込みだ。過渡的市場のシェアは、変わらない見通しである。これらの3市場が、世界の消費支出の大部分を占めているという。

自由裁量支出においては、2000年から2008年までは、先進市場が世界経済の88.2%を占め、新興市場は 9.2%、過渡的市場は2.6%にとどまっていた。しかし今後5年間で、自由裁量支出の増加における先進市場(49.0%)と新興市場(47.8%)の割合はほぼ同等になる見込みである。また、新興市場では15歳~65歳の「能動的消費者(active consumer)」の人口は、増加し続けるが、先進市場では変化がない見込みである。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP