Googleウォレットの新バージョン(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2012年8月9日9:00

Googleウォレットが世界中の注目を集めてデビューしたのが2011年5月。以来鳴かず飛ばずで評価がすっかり下がってしまったGoogleウォレットだが、巻き返しを狙って新バージョンを発表した。

新バージョンはクラウドをベースにしたウォレットで、国際ブランド4社のクレジットカードやデビットカードすべてをサポートする。4社とはVisa、MasterCard、Amex、Discoverである。これまでぶは、ブランドがMasterCard、カード発行会社はシティだけに対応していた。

Googleウォレットに自分のカードを格納するには、モバイルアプリにカード番号を入力するだけ。カード情報はクラウド上のサーバに保存される。

つまり、従来はモバイル利用客がターゲットだったが、方向性を大きく転換。カード発行会社をターゲットにして、その顧客を獲得しようという狙いだ。

カードビジネスはカード利用者と、カードが利用できる加盟店の双翼が必要。ビジネスを飛躍的に拡大するためにはまずカード利用者を増やすことが重要、と考えたようだ。

今回のプロモーションビデオはNFCを前面に打出さず、O2O(オンラインとオフラインの両方)での利用を淡々と解説している。それよりも既存のカードをそのまま利用できることに重点をおいている。

そのまま利用できるのはオンラインモバイルコマース。リアル店舗での利用にはGoogleのクラウドで管理するMasterCardのプリペイド口座と利用者のクレジットカードなどを紐つける。

NFC非接触決済には当面PayPassパスを使うが、VisaやAmexなどのブランドカードをいったんMasterCardプリペイド口座に連携させ、オフライン加盟店でPayPassパス決済ができるようにした。エンドユーザーには直接登録したカードを利用しているようにみえる設計だ。

カード券面をアップロードできるほか、オンライン申込みの自動カード番号入力が簡単にできる。カード会社へのサービス利用料は徴求しない。Googleは簡単に申込みができるプログラムを銀行に提供する。

MasterCardプリペイド口座のイシュアはバンコープバンク。Googleウォレットの新バージョンは最近買収したプリペイドカードのプロセッサーTxViaをベースに構築している。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP