チャイナ エアラインと提携し「CAL JCBカード」の会員募集を開始(JCB)

2013年7月16日8:40

ジェーシービーとチャイナ エアラインは提携し、2013年7月12日から、チャイナ エアラインが提供するマイレージプログラム「ダイナスティ・ フライヤー・プログラム」のマイルが貯まるJCBブランドのクレジットカード「CAL JCBカード(カル・ジェーシービー・カード)」の会員募集を開始した。両社では同日に、羽田空港国際線のターミナルでセレモニーを行った。

「CAL JCBカード」の一般カード(左)とゴールドカード(右)

チャイナ エアラインは、世界29カ国108都市に就航する台湾最大の航空会社である。日本では12都市13空港に就航し、日本・台湾間の最多フライト数を誇る。近年、日本から台湾への渡航者数は、2011年に129万人(前年比19.9%増)、2012年に143万人(前年比10.6%増)と、前年比2桁の伸びで増加している。また、北海道など、台湾から訪れる観光客も多いそうだ。

年会費は、一般カードが1,312円(税込) 、ゴールドカードが12,600円(税込) となる。ゴールドカードの年会費は、JCBが発行する他の航空会社との提携カードよりもお得な金額に設定されている。会員は、チャイナ エアライン、マンダリン航空およびスカイチーム加盟航空会社定期便に搭乗すると、クラスに応じたマイルが加算される。また、ゴールドカードは利用金額100円につき1.5マイル、一般カードは100円につき1マイルが付与される。さらに、新規入会で一般カードは1,000マイル、ゴールドカードは2,000マイルが加算される特典もある。

加えて、チャイナ エアライン公式Webサイト・日本のコールセンター・日本の発券カウンター(空港を除く)での日本発航空券購入に同カードを利用すると、ショッピングマイルに加えて購入金額の25%のボーナスマイルが加算されるそうだ。また、チャイナ エアライン便の機内免税品購入で10%引き、チャイナ エアラインの提携企業の利用でマイルを獲得できる特典もある。

ジェーシービー 首都圏営業二部長 中村浩之氏によると、「台湾に旅行に行かれる日本人が多いこと、チャイナ エアライン様としても日本で提携カードを出したいという要望があった」そうだ。

チャイナ エアラインでは、日本の複数のカード会社と交渉を行ったが、「JCBは台湾に『JCBプラザ台北』があり、また、現地でも二十数行とタイアップしてJCBカードを発行しており、台湾のJCB会員が日本に訪れた際に『JCBプラザ東京』に案内できるため、日本と台湾双方でプロモーションが行えることが、イシュアとして選ばれるポイントとなりました」と中村氏は説明する。

7月12日には羽田空港国際線のターミナルでセレモニーが行われた

JCBは現在、10の航空会社と提携してカードを発行している。「航空系のカードは稼働率、稼働単価は一般カードに比べて約2倍あり、これまでの実績も評価された」そうだ。また、スカイチーム加盟航空会社としては、デルタ航空、大韓航空、エアフランスとの実績も評価されたという。

なお、今回の発行開始を記念して両社では「CAL JCBカード誕生記念!新規入会キャンペーン」を実施。対象期間中に同カードに入会すると、もれなく初年度年会費をキャッシュバックする。また、一定金額を利用した人や、チャイナ エアラインの公式Webサイトにて航空券を購入した人へ最大15,000マイルをプレゼントするほか、日本・台湾の往復航空券(ペア)を抽選でプレゼントする。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP