「Yahoo! JAPAN JCBカード」はTポイント最強カードか?(ヤフー)

2013年10月18日8:00

「Yahoo! JAPAN JCBカード」はTポイント最強カードか?
Yahoo!ショッピングでTポイントが効率的に貯まる、使える

2012年、ヤフー(Yahoo!JAPAN)が満を持して送り出した「Yahoo! JAPAN JCBカード」。今年7月には「Yahoo!ポイント」が「Tポイント」へと切り替わり、ポイント業界を驚愕させた。このカードは、Yahoo! JAPANの各種サービスはもとより、カードショッピングのあらゆるシーンでも「Tポイント」が貯めやすいのが最大の特長となっている。Tポイントを効率的に貯めたい方におすすめの1枚だ。

「貯まる」「使う」の循環の輪が広がった「Tポイント」
カードの魅力もますますアップ

2013年7月1日から、Yahoo! JAPANの「Yahoo!ポイント」が「Tポイント」へ切り替えとなったことをご存知の読者も多いだろう。Yahoo! JAPANの「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!トラベル」といった25のサービスをはじめ、提携サイトでも、人気の「Tポイント」を貯めたり使ったりすることができるようになった。今年のポイント業界の動向を代表するエポックといえよう。

「Yahoo! JAPAN JCBカード」
「Yahoo! JAPAN JCBカード」

さかのぼること約1年前の2012年7月、ヤフーがジェーシービーと共同開発したYahoo! JAPAN JCBカード」が、満を持してデビューした。Yahoo! JAPANを利用するユーザーにとって、さまざまなサービスや特典が充実したカードだ。

「当時はTポイントではなくYahoo!ポイントでしたが、普段のお買い物でもポイントをためられる形のクレジットカードをつくって、お客様にYahoo!ショッピングやYahoo!トラベルなど、Yahoo! JAPANのコマースをよりご利用いただきたいというような経緯で発行いたしました。弊社としましては、クレジットカードそのもので収益を上げていくというよりも、ポイントをフックにして、弊社のサービスをご活用いただきたいという思いです」(ヤフー(株) セントラルサービス統括本部 ID決済本部 金融サービス部 クレジットカード サービスマネージャー 板垣敬介氏)

その言葉のとおり、Yahoo! JAPAN のサービスを利用する際の利便性と、ポイント高還元の両輪がともなった、充実のスペックとなっている。

スマホからYahoo!ショッピングで3%還元
Yahoo! JAPANユーザーに利便性抜群

「Yahoo! JAPAN JCBカード」は、カードショッピングの利用100円につき、Tポイントが1ポイント(1円相当)獲得できる。Tポイントの提携店であるなしにかかわらず、街でもインターネット上でも、どこでカード決済をしても同じように1%分のTポイントがもらえるのだ。ショッピングや飲食はもちろん、通信費、国民年金保険料、電気やガスなどの支払いでもOKだ。

「TSUTAYA様やファミリーマート様といったTカード加盟店では、Tカードを提示してTポイントを貯めることができますが、そこでの代金のお支払いに現金ではなく『Yahoo! JAPAN JCBカード』を使っていただくと、お支払い金額の1%のTポイントも付与されます。一度のご購入で両方のポイントを貯めることができてお得です」と、板垣氏は教えてくれた。

一般に、Tポイントが貯まるタイプのクレジットカードには、自社の店舗以外での支払いには200円につき1ポイント付与、還元率でいうと0.5%というケースが少なくない。その点このカードは、Yahoo! JAPANのサービス以外で使っても区別なく1%が付与される。コンスタントに効率よく貯めたいという方には、このポイント設定は魅力的だろう。

加えて、「Yahoo!ショッピング」をはじめとするYahoo! JAPANのサービスや提携サイトでは、カードの利用いかんにかかわらず、商品本体価格(税抜)の1%分をTポイントで通常獲得できるという基本設定がある。つまり、Yahoo! JAPAN関連のサイトで「Yahoo! JAPAN JCBカード」を使って購入すれば、通常獲得分の1%とカード払い分の1%、合計で2%分の還元が得られる計算となる。

「さらに、Yahoo!ショッピングをスマートフォンでご利用いただけば、いつでも1%上乗せになりますので、トータルで3%分のポイントが貯まります」と板垣氏。スマートフォンやタブレット型モバイル端末から購入するだけで、曜日などにかかわらず毎日、100円につき計3ポイント、3円相当のポイント還元というのだから大きい。Yahoo!ショッピングを日ごろから利用しているならば、このカードは必携だ。

こうして見てくると、「Yahoo! JAPAN JCBカード」は、普段の買い物でもっともTポイントが貯めやすい“Tポイント最強カード”とヤフーが自信をみせるのもうなずける。折々に行われるキャンペーンでは、より高い還元率が登場することもある。サイトをこまめにチェックしながら、上手にカードを活用したい。

Yahoo! JAPAN ID ですべてのTポイントを集約
貯めたポイントを使える場が一気に広がる

全国のTSUTAYAをはじめ、提携店の店頭でつくったTカードをすでに活用しているという方も多いだろう。さまざまなサービス、さまざまな場所で貯めたTポイントは、自分の「Yahoo! JAPAN ID」ですべて合算できる仕組みとなっているから安心だ。

「『Yahoo! JAPAN JCBカード』の利用で貯めたポイントと、Tカードでお客様がリアルの店舗などで貯めたポイントは、Yahoo! JAPAN IDで紐付けして、ひとつのアカウントに集約することができます。紐付けすれば、ためたポイントをリアルでもインターネットでも使えて便利です」(板垣氏)

Tカード番号の登録手続きはweb上で簡単にできる。それだけで、クレジットカード利用で貯めたTポイントを、全国の多業種にわたるTカード加盟店でも使えるようになるのはうれしい。逆に、Tカード加盟店でこつこつ貯めた「Tポイント」を、Yahoo! JAPANのサービスで使うことももちろん可能となる。

「Yahoo! JAPAN JCBカード」はTカードの会員証を兼ねないが、Tカードをあわせて持てば、「Tポイント」活用の幅はますます広がる。クレジット機能のないTカードは年会費無料で持つことができる。

ショッピングガード保険も付帯で安心
ヤフオク!の決済手数料は最大50%オフに

「Yahoo! JAPAN JCBカード」の魅力は「Tポイント」にとどまらない。Yahoo! JAPANならではのサービスも各種付帯している。「ヤフオク!」をよく利用する人に好評なのが、「Yahoo!かんたん決済」の落札代金の決済手数料が最大50%オフになるサービスだ。

ヤフー(株) セントラルサービス統括本部 ID決済本部 金融サービス部 クレジットカード サービスマネージャー 板垣敬介氏
ヤフー(株) セントラルサービス統括本部 ID決済本部 金融サービス部 クレジットカード サービスマネージャー 板垣敬介氏

「Yahoo!かんたん決済は、落札者様に落札代金をお支払いいただくためのクレジットカードのサービスなのですが、『Yahoo! JAPAN JCBカード』を利用していただくと、手数料が最大で50%割引になります」と板垣氏。落札代金に消費税や送料を加えた振込金額が30,001円以上の場合、通常はその5.25%が手数料として課金されるところを、このカードを利用すれば半分の2.63%に減額される。

また、ヤフオク!に出品する際、「Yahoo! JAPAN JCBカード」に登録したYahoo! JAPAN IDを利用すれば、オークションの配送本人確認が不要となるサービスもある。オークションをよく利用するならば嬉しいサービスだ。

ショッピングにぜひ活用したいクレジットカードなだけに、「ショッピングガード保険」の付帯も安心感がある。「Yahoo!ショッピング」での購入商品は200万円まで、それ以外での買い物なら100万円までの補償が付帯している。

こうしたスペックながら、初年度の年会費が無料だ。また、家族カード会員も初年度無料となる。2年目以降は年会費1,312円(税込)となるものの、前年度のカードショッピングの合計額が20万円(税込)以上あれば、年会費が家族会員を含め無料となる。月々の公共料金や、日常のちょっとした買い物の積み重ねでクリアできるであろう、決して敷居の高くない設定だ。

男性ユーザーに人気、高い稼働率を誇る1枚
Yahoo! JAPAN提携サイトでも巧みに利用したい

カード誕生から1年強。現在のユーザーは30代、40代の男性が中心とのことだ。ビジネス関連のサービスも充実しているYahoo! JAPANのメインユーザーが、このカードにも食指をのばしているからであろう。稼働率も順調に推移しているという。

「傾向としてはインターネット利用、特に自社のサービスの部分はおかげさまで大きいですね。全体の取り扱いの3割以上がYahoo! JAPANのなかでのご利用です。もともとYahoo!ショッピングなどを使っていただいているお客様から、このカードができて、さらに便利になったねというお声をいただいています。今までYahoo! JAPANをご利用いただいていなくても、Tポイントを貯めたい方には、ぜひお持ちいただきたいなと思っております」(板垣氏)

ヤフー提携先の多くのショップでもTポイントが効率的に貯まることは、意外と知られていないかもしれない。例えば、ASKULと提携して始めた、話題の「LOHACO(ロハコ)」。ここでも「Yahoo!ショッピング」と同様に「Tポイント」が付く仕組みだ。ASKULというとオフィス向けという印象が強いが、このサイトは日用品が中心の個人向けとなっている。配送が迅速なのでネットスーパー的に利用でき、人気の無印良品やDEAN&DELUCAなどの商品も購入できる。ルンバやダイソンもお値打ち価格だから、一度のぞいてみてはいかがだろう。

使い勝手のよい「Tポイント」を搭載して、ますます輝きの増した「Yahoo! JAPAN JCBカード」。期間限定で「Tポイント」が最大5,000ポイントもらえる入会キャンペーンなども展開している。このカードを検討しているならば、そうしたタイミングをお見逃しなきよう。

取材(2013年9月):ペイメントナビ編集部 ペイメントナビゲーター 池谷貴

■「Yahoo! JAPAN JCBカード」の公式サイトへ

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP