英国の決済ロードマップ~未来の決済を描き着実に実行

2014年6月3日7:00

英国の決済ロードマップ
未来の決済を描き着実に実行
Payments Roadmap in UK

日本カードビジネス研究会 代表 佐藤 元則

■先進的な決済スキームをつぎつぎに立ちあげる英国

ncb12014年4月29日、英国で新しいモバイルサービスがスタートした。モバイルで支払うのでサービス名称は「ペイエム(Paym)」。ペイムではなくペイエムというのが正式な発音だ。察しのとおり、このmはMobileのエムをとっている。携帯電話番号だけで、相手の銀行口座に安全に送金や受金できるというモバイルサービスである。電話番号という本人固有の番号と、銀行口座番号を紐づけ、直接口座に送金できるようにした。そのために英国の全金融機関を巻込んで、セントラルデータベースを構築するというほど、結構な熱のいれようなのである。モバイルサービスといえば、携帯電話会社や銀行などの金融機関、あるいはGoogleやAmazonなどの大手ネット企業が提供するサービスだと考えるのが一般的であろう。

しかし、ペイエムはそのいずれでもない。推進しているのは英国決済協議会(Payments Council)である。しかも、英国決済協議会はボランタリーメンバーの組織。ここが英国のユニークなところだ。

英国決済協議会はこれにとどまらず、カード、現金、小切手、銀行間清算システムなど、すべての決済手段をカバーし、英国の決済革命を推進している。最近日本で話題になっている24時間年中無休の銀行資金決済ネットワーク「ファスターペイメント(Faster Payments)」もそうだ。高齢者にやさしい決済のあり方も検討している。

ncb2これらのユニークで先進的なサービスは、英国決済協議会が描いた決済ロードマップにもとづいて開発、運営されている。利用者にとって便利な決済とはなにか。英国の経済成長を促進する決済とはなにか。そういう視点から、ロードマップを作成しているのである。

最近は特に技術革新のスピードが速く、消費者のニーズは常に変化している。いったん企画設計したロードマップであっても、逐次修正を加えていかなければならない。英国決済協議会は柔軟に、そしてスピーディに対応している。

英国決済協議会はどのようは方法で決済ロードマップを作成しているのだろうか。それはなにをめざそうとしているのか。成果は上がっているのだろうか。英国の決済革命を推進するロードマップについて、検証してみることにしよう。

■続きはNCBレポート2014年6月号で
ncb3

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP