スマホを利用した新しい財布「モバイルウォレット」のカテゴリーは?

2014年7月16日9:12

スマホを利用した新しい財布「モバイルウォレット」のカテゴリーは?
世界各国でさまざまなプレイヤーがサービスを提供

「モバイル財布(ウォレット)」という言葉をニュースサイトなどで目にする機会が増えた人は多いだろう。

モバイルウォレットは、電子財布(デジタルワレット)の一種で、主にスマートフォン上にクレジットカードや電子マネー、IC乗車券、プリペイドカードなどの決済機能やポイント特典などのリワードプログラム機能、クーポン機能、バウチャー機能、各種優待サービス機能を“財布”(Wallet)に見立てたアプリケーションを用いて一元的に管理し、リモートまたはNFCなどの近接型のモバイル決済の効率化とセキュリティの向上、ユーザーの利便性を高めるソフトウェアを用いたプログラムとなっている。

ユーシーカードは「Salon de Wallet」サービス対応の美容サロンに対し、「MasterPass」を2014末から2015年初頭を目標にサービスを提供
ユーシーカードは「Salon de Wallet」サービス対応の美容サロンに対し、「MasterPass」を2014末から2015年初頭を目標にサービスを提供

また、モバイルウォレットは、VisaやMasterCard、American Expressなどの“オフラインカード”と“オンラインカード”、ブランドプリペイドカードやギフトカードなどの“オンラインプリペイド”、コンタクトやコンタクトレスのIC電子マネーなどの“オフラインペイメント”といったように、オンラインとオフラインの世界が合流して形成・統合された“マルチチャネル”と言えるだろう。

モバイルウォレットのプロバイダーのカテゴリーとしては、以下の分類が行われているケースもある。まずMerchant Customer Exchange(MCX)やPaydiant、スターバックスといったマーチャントが挙げられる。また、USバンク(USBank Wallet)やチェース(CHASE Liquid)、韓国金融通信&決済院(KFTC)のデジタル財布(Bank Wallet)といった「金融機関」(Financial Institutions)のウォレットも数多くリリースされている。さらに、ファーストデータやFiservなどの「ペイメントプロセッサー」(Payment Processors)、ISIS(ISIS Wallet)やSprint(Sprint Touch)、SKテレコム(Smart Wallet)などの「ネットワークキャリア」(Network Carriers)、PayPalやAmazon、Square、Google、Appleなどの「テクノロジー企業」(Technology Companies)、Visa(V.me by Visa)やMasterCard(MasterPass)、American Express(Serve)、JCB(JCB Mobile Wallet)などの「ネットワーク団体」(Network Associations)が挙げられる。

SKテレコムの「Smart Wallet」は「OKキャッシュバッグカード」などのメンバーズカード、マイレージプログラム、「cashbee」や「T-Money」などのプリペイド電子マネー、ギフト券、クレジットカードなどのサービスを集約して提供
SKテレコムの「Smart Wallet」は「OKキャッシュバッグカード」などのメンバーズカード、マイレージプログラム、「cashbee」や「T-Money」などのプリペイド電子マネー、ギフト券、クレジットカードなどのサービスを集約して提供

レポート「モバイルペイメント要覧」では、世界の5大メジャーカードブランドのモバイルウォレット、マスターカードの“MasterPass”やVisaの“V.me by Visa”、アメリカン・エキスプレスの“Serve by American Express”、中国銀聯の“中国銀聯銭包”、JCBの“JCB Mobile Wallet”を紹介する。また、2012年8月に立ち上げられた大手小売事業者によるモバイルペイメントのアライアンスであるMCXと世界最大の小売業であるWal-Martの”Bluebird”アカウントについて取り上げている。

さらに、PayPalやAmazon、Google、Apple、マイクロソフトといったハイテックの巨人、SquareやCor Fire、Moneta、Dwolla 、MeaWalletとったテクノロジー企業、ペイメントプロセッサーのFISの取り組み、加えて、ISIS、Touch、Quick Tap、Smart Walletといったネットワークキャリアのサービスについても紹介している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP