日本より一歩先を行く韓国での銀聯カードの取り組み

2016年5月24日7:30

日本でもインバウンド対応として、銀聯カードに注目が集まっている。2015年秋には、セブン-イレブンやローソンといったコンビニエンスストアでも全店で銀聯カードの取り扱いを開始。国内でも急速に加盟店が拡大しているが、「カードビジネス年鑑」で紹介している韓国では、2014年末時点で150万店以上のカード加盟店での取り扱いが可能だ。

日本と韓国で2005年から銀聯のネットワークがスタート
巨大な国際ペイメントカードのネットワークを短期間に築く

中国のペイメントカードとATMのネットワークである中国銀聯(China Union Pay)が上海に誕生したのは、わずか14年前の2002年3月のことである。2015年6月末にはデビットカードとクレジットカードを合わせて50億枚以上の銀聯ブランドのカードが発行されている。この内訳はおよそ45億枚のデビットカードとおよそ5億枚のクレジットカードで、プリペイドカード、法人カード、コ・ブランディドカード、アフェニティカード、スマートシティカード、社会保障カードやIC乗車券機能が搭載されたカードなどが含まれている。

銀聯のアクセプタンスマーク
銀聯のアクセプタンスマーク

現在、銀聯では、銀聯国際ネットワークを境外135国と地区まで拡大。日本や韓国では、2005年から銀聯のネットワークがスタートし、日本では2014年末で40万店のカード加盟店と8万台のATMがネットワークされ、2014年度にはATMの取扱金額を含め277億元(約5,540億円)の決済が行われたという。

2015年度は、日本での銀聯カードの取り扱いはさらに大きく増加していると思われる。また、銀聯版のコンタクトレス・ペイメント・ソリューションである「Quick Pass」の取り扱いも、中国のみならず香港や澳門、台湾、オーストラリア、韓国のスーパーマーケットやファストフードなどですでに始まっている。

このように中国銀聯は巨大な国際ペイメントカードのネットワークを短期間に築いてきたが、この国際ネットワークを利用している銀聯カードの大半は、中国の金融機関が発行しているデビットカードやクレジットカードだ。銀聯カードは中国以外でも、香港や澳門を含め40以上の国とエリアで発行されているものの、その発行枚数は約5,000万枚と銀聯カード全体のわずか1%にとどまっている。中国以外で最も多く銀聯カードを発行している国は韓国で、1,400万枚を上回っている。

また、タイでも銀聯カードの発行枚数が急速に拡大していると言われている。日本においてもいくつかのクレジットカード会社により銀聯カードが発行されているものの、発行枚数はわずか16万枚だ。銀聯カードの国際化・グローバル化は、「中国人が行くところで銀聯カードが使えるようにする」という目標の下、中国人と中国企業の海外進出を支援するべく、一定の成果を上げてきた。今後は、こうした銀聯カードの国際ネットワークを活かし、海外における銀聯カードの発行を推進することによって、より一層のグローバル化を図ることを目指している。

銀聯カードの受け入れは2005年にスタート
ほぼ韓国の全加盟店で銀聯カードを取り扱う

韓国における銀聯カードの受け入れは日本と同様に2005年に始まった。訪韓中国人は2014年度で対前年比41.5%増の633万人で、訪日中国人の241万人(対前年比83.3%)を大きく上回っていたが、2015年度は韓国で発生したMERSや日本の円安の影響を受けて訪韓中国人は伸び悩み、訪日中国人は大きく増加して両者が逆転している。(図表)のように、ATMは韓国が6万8,000台以上で、日本は8万台以上とほぼ互角であるのに対し、銀聯カードの加盟店は韓国が150万店以上(2013年3月末では120万店以上)で、クレジットカードに関してはほぼ韓国の全カード加盟店での取り扱いが可能である。

銀聯カードの韓国と日本の比較
銀聯カードの韓国と日本の比較

BCカードからコンタクトレスペイメント「Quick Pass」機能付きカードが発行
世界で最初に銀聯クレジットカードのサイン決済を全面導入

銀聯カードの発行枚数を見ると、韓国ではVisaやMasterCardなどの国際ブランドのカードと同様に、銀聯ブランドのクレジットカードやデビットカード、オープンループのオンライン・プリペイドカードがBCカードやWoori Bank、新韓カード、ロッテカードなどの大手カード会社や銀行から2014年末で1,400万枚(2015年末では1,600万枚以上)発行されている。2015年8月には、韓国においてもBCカードを通じ、コンタクトレスペイメントの「Quick Pass」機能付きの銀聯カードの発行が始まっている。

また、韓国は海外でも最初に銀聯クレジットカードのサイン決済を全面導入した国であり、韓国の全加盟店のPOS端末では銀聯クレジットカードを取り扱っているそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

認証テスト、テストツール、コンサルティング、トレーニング。FIME JAPANは日本のキャッシュレス化を包括的にサポートします。(FIME JAPAN)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP